五輪新種目の「3×3」 兵庫で活動のプロチーム「EPIC.EXE」って、どんなチーム?

LINEで送る

 2020東京五輪より正式採用された新種目競技「3x3」がアツい! 兵庫県を拠点に活動するプロチーム「EPIC.EXE」のオーナー・岸田大佑さんに、チームの特徴や2020シーズンにかける想いについて詳しく聞く。

EPIC.EXEロゴ

――『EPIC.EXE』はどのような活動をしていますか?

 もともと『EPICバスケットボールアカデミー』という子どもに向けたバスケットボールスクールを運営していました。そのアカデミーの子どもたちが、『EPIC.EXE』の選手に憧れを持ち、夢をもって取り組んで欲しいという思いから、2019シーズンより3x3のトップリーグ『3x3.EXE PREMIER』に参入しました。

――チーム名はかつて『HANSHIN EPIC.EXE』ではありませんでしたか?

 2020シーズンから「HANSHIN」を削除し、県内のひとりでも多くの方に愛着をもって応援して欲しいという思いから『EPIC.EXE』に名称を変更しています。

――トップリーグが発足したのはいつですか。

 2014年です。そこから徐々にチーム数が増え、海外でも開催されるようになりました。2020シーズンからはニュージーランド・タイ・韓国・インドネシア・台湾の海外5か国48チーム、それに加え国内12カンファレンス42チームの計90チームで開催されることが決まっています。

EPIC.EXE
EPIC.EXE、試合のようす(クラブ提供)

――どんな選手が所属していますか。

 キャプテンの中村大輔選手は、兵庫ストークス(現・西宮ストークス)の初代キャプテンで、引退後は地元の兵庫県で教職員になり、誠実な人間性で試合のみならず常にチームを引っ張ってくれています。ベテランの菅原洋介選手は、米国の独立リーグやBリーグでプレーした経験を持つなど、チームで一番のキャリアをもっております。どんな状況でも、どんな選手にも屈する事ない強靭なプレーでチームに精神的な強さを与えてくれています。

――この2人は自他ともに認める主力ですね。

 また、将来チームを担う選手を育成する観点から、今年のトライアウトに合格した、山下輝選手と橋口郷選手という新人選手2人がロースターに入っています。プロ選手としてのパフォーマンスはもちろんのこと、選手として歩んできた道のり、プレースタイルにこだわりを持った選手が多く所属しているといえます。

――そして先日、2019-20シーズンまでB2西宮でプレーした谷口淳選手の加入を発表しました。

 谷口選手の代名詞でもある、エナジーあふれるハッスルプレーは、競技に、チームにアジャストしてくれる事と確信しています。強い体の当たり、全力プレーが非常に楽しみです。

2019-20シーズンまで西宮ストークスでプレーした谷口淳。プロチーム「EPIC.EXE」で3人制バスケットボールに挑戦する(Photo by T.MAEDA)
2019-20シーズンまで西宮ストークスでプレーした谷口淳。プロチーム「EPIC.EXE」で3人制バスケットボールに挑戦する(Photo by T.MAEDA)

――チームの現状は?

 新型コロナウイルスの影響で、リーグは7月中旬までの開幕延期が決まっています。選手たちはコンディションの維持が難しい状況にありますが、リーグ再開に向けてコツコツと準備してくれています。

――地元・兵庫で試合を見られる機会はありますか?

 8月30日にららぽーと甲子園でホームゲームの開催を予定しています。このホームゲームでは皆様と一丸となり、何が何でも勝ちたいと思っています。闘志をもってしっかり闘いますので、楽しみに待っていてください。

――これを聞いて3x3を「観てみたい」「やってみたい」と思った方へメッセージをお願いいたします。

 3x3には、「省スペースで・どこでも・だれでも・気軽に参加・観戦できる」という魅力があります。3x3を通して、子供からお年寄りまで、みんなが触れ合い、だれもが楽しめる娯楽の場を作りたいと思っています。今後、商業施設、ショッピングモール、行政機関、教育機関など関係機関と連携して様々なイベントを予定しておりますので、一度ぜひ、会場へ足を運んでいただければと思います。

選手とファンの距離の近さが3x3の魅力のひとつ(クラブ提供)
選手とファンの距離の近さが3x3の魅力のひとつ(クラブ提供)

※ラジオ関西『PUSH!』2020年5月14日放送回より


「EPIC.EXE」ホームページ
http://hanshin-epic-3x3.jp/

「EPIC.EXE」Twitter(@ExeEpic)
https://twitter.com/exeepic

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/05/14/木 15:00-16:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事