「山に行きたい!」今、注意すべきこと 山と高原地図「六甲・摩耶」の執筆者・浅野晴良さんに聞く

LINEで送る

 緊急事態宣言の解除を受け、街や行楽地に人の姿が戻り始めている。神戸の観光スポットの1つ、六甲山も、にぎわいを取り戻しつつある。

 5月30日には、六甲山観光株式会社が運営する六甲ガーデンテラスや六甲山カンツリーハウスなど、山上の施設が営業を再開した。再開初日は好天にも恵まれ、かつての週末と変わらないほどの人が訪れた。また六甲ケーブルも運転再開。当面、定員の4分の3で運行するという。

 六甲山は阪神間に住む人にとっては身近な存在だ。神戸市の公式サイトには手軽に登山を楽しめる山として紹介されている。最高峰は931メートルだが、南斜面では海岸から5キロから7キロで山頂部に到達できるという。急峻で谷は深い。

六甲山
六甲山からみた、神戸市街地

 ただし、遭難者も多い。

 山と高原地図「六甲・摩耶」の執筆者で、神戸市内でアウトドアライフスタイルショップ「白馬堂Rokko」を営む浅野晴良さんによると、2018年、兵庫県内で起きた山岳遭難の件数は118件、このうち半数近い64件が六甲山で発生した。

 さらにその半分ほどの30件は、「道迷い」だった。身近な山ゆえに、地図を持たずに山に入ったり、ふらっと入って迷い、迷っているうちに暗くなり、懐中電灯もランプも持っていなかったというケースもあり、「道迷いは日本で一番多いのではないか」と話す。

六甲山

 浅野さんによると、緊急事態宣言を受け、以前から山に来ていた人は少なくなった。解除後、山に人が増えた。登山者のほか、親子連れの姿も目立つようになった。

 身近な山だからこそ、普段生活している場所と違うという心構えが必要という。今、そしてこれから注意すべきことについて、浅野さんに聞いた。

 予定をしっかり立てる。出発前、地図でルートを確認。山では地図で居場所を確認しながら歩く。歩く時はスペースをあけて。ハイキングではそれぞれのペースがあるので、お互いストレスのないように。

布引の滝
布引の滝
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/06/IMG_1981.jpg
布引貯水池

 普段より混んでるつもりで。例えばお弁当を食べる場所は重なることが多いので、間隔を開けるとか、別のスポットに行くとか、いくつかのパターンを想定しておくとよい。

 道具・服装はしっかりと。すべりにくい靴、汗をかいたときに乾きやすいシャツ、登山用のリュックは最低限必要。そして両手はあけておく。これからは熱中症対策も欠かせない。水は最低1リットル(これでも足りないかも……)。帽子・タオルも。

 登山届とまではいかないまでも、家族には「六甲山に行く」ではなく、「どのルートを通ってどこへ行く」と具体的に告げておく。六甲山は塩屋から宝塚まで広範囲なので、万が一の場合、探しやすい。

 ごみを捨てない、持ち帰るなどの山のマナー、ルールを守った上で衛生面にも注意する。

 街なかで行っているコロナ対策を、山でも行う。体調に不安があれば山には行かない。また、最近、六甲山で落ちているマスクをよく見かけるという。「捨てないで、持ち帰ってください」と浅野さんは呼びかける。

 今年、神戸市は須磨や舞子の海水浴場を開かないと発表。また、夏山の人気スポット富士山も今年は閉鎖が決まっている。

 だから身近な山へ、という思いも出てくるかもしれない。でも、登るなら、必要最低限の装備はしっかりと。楽しい登山にするために。そして登る前よりきれいな山にするという気持ちを持って足を運びたい。

「白馬堂Rokko」を営む浅野晴良さん
「白馬堂Rokko」を営む浅野晴良さん

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/06/02/火 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事