宝塚・ボーガン殺人 発生直後の様子明らかに 「頭部に命中、貫通も」

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

宝塚市の住宅で、家族ら4人がボーガンで撃たれ3人が殺害された事件。発生直後の様子が明らかになった。捜査関係者への取材でわかった。

宝塚市安倉西 事件現場
現場近くの宝塚警察署員と兵庫県警・鑑識課員(宝塚市安倉西・6月4日)

犯行現場となった宝塚市安倉西の住宅から3~4軒隣の家の前に被害者の1人、逮捕された男子大学生(23)の伯母(49)が黒色の長袖上着と黒色の長ズボン姿で助けを求めに来た。近隣住民の女性から119番。「女性の耳に矢が刺さっている」。宝塚警察署員も現場に駆け付けた。

救急隊から「ほかにもけが人がいる」との情報があり、この住宅に向かうと男子大学生が出てきて「伯母をボーガンの矢で撃ちました」と話した。ベージュ色の長袖シャツと青いジーパン姿だった。

いずれも1階で居室には容疑者の祖母(75)、台所とリビングを兼ねたスペースに母親(47)、浴室の前に弟(22)が倒れていた。宝塚警察署員が男子大学生の身柄を確保し、伯母に対する殺人未遂の現行犯で逮捕。ボーガンはリビングから見つかり、5本の矢が使われた形跡があったという。

死亡した祖母と母親は頭部に1本ずつ命中し、貫通したものもある。弟の頭に2本、伯母は首に1本が刺さっていた。

宝塚警察署
兵庫県警・宝塚警察署捜査本部

兵庫県警は宝塚警察署に捜査本部を設置。死亡した3人の死因や、男子大学生が犯行に至った動機や経緯を調べる。

LINEで送る

関連記事