玉岡かおる渾身の著作『花になるらん―明治おんな繁盛記―』を語る 著者の分身であるかのような主人公「ががはん」の魅力!

LINEで送る

 作家・玉岡かおるさんの著書『花になるらん―明治おんな繁盛記―』。2018(平成29)年9月に新潮社より刊行されているが、このたび文庫本として2020(令和2)年4月に再出版され、注目をあびている。

玉岡かおるさん
玉岡かおるさん、ラジオ関西スタジオで(写真:黒川良彦)

 表紙の和服姿の女性を描いた装丁も、いつものように著者監修の思いに従って書き下ろしされたオリジナル画で、日本画のような、西洋画のような、淡い上品な作品に仕上がっている。

 本編のタネあかしになるので少しだけにするが、画中にヒントが隠されているという。主人公(であろう)の女性の帯に描かれた絵や周囲に咲いている「薔薇の花」が作品を読み進むうちに「ああ、なるほど」と気づかせてくれる。

 この作品は幕末から明治にかけての京都を舞台にしている。著者は「この時代の京都(幕末から明治)は二度、大切な記憶を失う」と述べた。

 一度目は元治元年の蛤御門の変。京都の市街地ほぼ全域を焼失させた幕府方と勤王攘夷派の戦闘による大火(作中ではどんどん焼けと表現される)のとき。二度目は1200年ものあいだ京都に在った天皇が、東京都に名を改めた江戸へ行幸のとき。「ちょっと江戸にお出かけになられただけ、そのうちまた京にお戻りになる」と信じていたものの、実はそれは遷都であり、その後二度と京に居を戻すことがなかった。天皇を戴く日本の中心はここであるとの京都のプライドとアイデンティティがずたずたにされてしまったのだと。

 この未曾有の歴史的大ダメージを受け、火が消えたようにさびれてしまった京都を、いかに元のようなきらびやかな文化都市へと復興していくか。奮闘する主人公の活躍が物語を力強く進めていくことになる。

 ヒロインは京都の呉服商の御寮人(ごりょん)さん。

「皆が信用する、そんな逸品だけを揃えましょう」

 知恵も回るし手も早い「ががはん」のあだ名に違わず、どんな時でも「ガガッ」と突き進めていく女性一代の痛快なストーリーには感心しつつも、思わず笑ってしまう。日本語、とりわけ関西人が得意とする(であろう)「オノマトペ」(擬音語や擬態語の包括的な名称)をオノマトペ動詞から名詞変化させた作者の「オノマトペセンス」は秀逸である。

 例えば、「『著者の玉岡かおる氏は作品を書き上げるためにビューンとロンドンまで飛んでいき、主人公よろしくガガガーッと取材し、パチパチッと写真を撮ってサササっと書き上げたあともシュッとしているタイプ』である」というように。

 千年の都・京都を飛び出し、海外から異国の文化が流入してくる港町・神戸にビジネスの活路を求めて、伝統が培った精緻なる日本の工芸品の技術を世界に認めさせ、自身の呉服商を皇室御用達にまで高め近代化された百貨店に育て上げていく……。

 玉岡さんは今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)禍や1995年の阪神・淡路大震災被災の経験から、「先人たちが頑張って歯を食いしばり、幾たびかの戦災・自然災害を乗り越えてきてくれたからこそ今がある。このががはんのように今あるものをいかに使うか、また、これらを武器にして自力復興を果たすかが大事ではないか」と語った。

 巻尾に書かれている久坂部羊氏の解説「豪華絢爛な一代絵巻」も玉岡ファン必読の素晴らしい読み応えである。

「女性が元気になると国は栄える」と言った人がいる。いつか多くの読者が玉岡さんの作品を起爆剤に羽ばたいていってほしいと念じて結びとさせていただく。

(取材・文:黒川良彦)

玉岡かおるさん
玉岡かおるさん

玉岡かおる
1956(昭和31)年、兵庫県三木市生まれ。神戸女学院大学文学部卒。1987年「夢食い魚のブルーグッドバイ」で神戸文学賞を受賞。2009年「お家さん」(新潮社)で織田作之助賞受賞、テレビ化、舞台化された。
主な著書に、「天涯の船」「銀のみち一条」「負けんとき」「天平の女帝 孝徳称徳」(以上、新潮社)、「タカラジェンヌの太平洋戦争」(新潮新書)、「自分道」(角川新書)、「虹、つどうべし」(幻冬舎)など多数。近著は「姫君の賦 千姫流流」(PHP研究所)で、2021年春にオペラ化が決定している。
執筆の傍ら、大阪芸術大学教授、兵庫県教育委員を務める。

※以下の写真は玉岡さんが実際に足を運んで取材したもの(ロンドンV&A美術館所蔵)

ジャガード織機で織られた犬のタペストリー。日本の刺繍の技術が生かされている(写真提供:玉岡かおるさん)
ジャガード織機で織られた犬のタペストリー。日本の刺繍の技術が生かされている(写真提供:玉岡かおるさん)
裏面には現代でも御馴染みの「丸に梯子髙」のロゴマーク(写真提供:玉岡かおるさん)
裏面には現代でも御馴染みの「丸に梯子髙」のロゴマーク(写真提供:玉岡かおるさん)
写真は玉岡さんが実際に足を運んで取材してきたもの。
作中で紹介された「神戸薩摩(SATSUMA)」の焼き物(写真提供:玉岡かおるさん)
玉岡かおる「花になるらん―明治おんな繁盛記―」 (新潮社)
玉岡かおる「花になるらん―明治おんな繁盛記―」 (新潮社刊)

「花になるらん―明治おんな繁盛記―」
玉岡かおる著(新潮文庫)
発売日 2020年4月1日
ISBN 978-4-10-129624-1
定価 880円(税込み)
電子書籍 価格 880円(税込み)
電子書籍 配信開始日 2020年6月19日

新潮社ホームページより
https://www.shinchosha.co.jp/book/129624/

玉岡かおるさん ホームページ
http://tamaoka.info/

関連記事