神戸の「猫カフェ 猫の屋おでん」が営業再開 動物絵師「竹馬」の作品展も

LINEで送る

 神戸市の「猫カフェ 猫の屋おでん」が、6月1日から営業を再開した。猫の屋おでんは、「猫と人とが幸せに暮らすためのコミュニティづくり」をコンセプトとし、「ブリーダーから迎えた猫」と「保護団体から迎えた猫」の両方がいる、全国でも珍しいスタイルの猫カフェだ。コンセプトに共感して、全国各地から訪れる愛猫家から、「猫カフェは初めて」という近隣の人たちまで、客の顔ぶれも幅広い。

猫スタッフ「ちくわ」
猫スタッフ「ちくわ」(写真:水野さちえ)
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/06/-e1591620190458.jpg
猫スタッフ「まる」(写真:水野さちえ)

 営業再開にあたっては、自粛前から徹底していた清掃や換気に加え、客の定員(10人)を6人に絞ることで、できる限り「密」を防ぐ対策をしている。また、「自粛期間中に、さらに充実させた」(スタッフ談)という物販コーナーで、猫グッズの買い物も楽しめそうだ。

物販コーナー。人だけでなく猫も楽しめるグッズが並ぶ
物販コーナー。人だけでなく猫も楽しめるグッズが並ぶ(写真:水野さちえ)

■動物絵師「竹馬」の作品展も

 営業再開にあわせ、併設のギャラリーでは、動物絵師「竹馬(ちくま)」の大矢清人(おおや・きよと)さんによる作品展が開かれている。

大矢清人さん
大矢清人さん(写真:水野さちえ)

 京都の呉服商の家に生まれ育った大矢さんは、幼少期から似顔絵を描くのが得意だった。家業の修行をするなかで、友禅作家を目指すようになり、友禅染の工程のひとつである「糸目」(下絵の模様の輪郭に、防染のための糸目糊をひくこと)の研鑽を積んだ。

「ありとあらゆる線が描けるようになった」という大矢さんだが、諸事情で、京都の健康食品会社に転職する。そこでペット向けの健康食品の営業を任された際、展示会のブースで「謎の画伯」としてペットの肖像画を描いてプレゼントしたところ大好評。また社内では、絵だけでなくビジネスの手腕も発揮し、社長に就任した。34年にわたる会社生活を終えた後も「自分の絵で誰かが喜んでくれるのなら」と、創作活動を続けている。

 大矢さんが描く肖像画は、繊細なタッチと、「まるで命を宿しているような」生き生きとした質感が特徴的だ。その線は、なんとボールペン1本で描かれている。そこに、水彩で色をのせていくのだという。今回の作品展にあわせ、猫の屋おでんを通じてペットモデルを募集したところ、数日で定員を上回る応募があった。

「描いた絵を、お客さんに初めて見ていただく時のお顔を見るのが、何より楽しみでうれしい」とニコニコ話す大矢さんの表情も、とても柔らかいのが印象的だ。

大矢さんの作品。線はボールペン1本で描かれている。
大矢さんの作品。線はボールペン1本で描かれている。(写真:水野さちえ)
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/06/2-e1591620237298.jpg
ペットモデルたちを描いた作品(写真:水野さちえ)

 猫と触れ合えるだけでなく、「猫」にまつわる出会いもたっぷりの「猫の屋おでん」。まだまだ気が張る日々が続くなか、訪れると優しくあたたかな気持ちになれそうだ。

(取材・文=水野さちえ)

<猫カフェ 猫の屋おでん>
住所 神戸市灘区天城通3-1-2
営業時間 午前11時~午後8時(最終入店は午後7時)
定休日 火曜、水曜(祝日の場合は営業)


【猫カフェ 猫の屋おでん】
ホームページ
http://nekonoya-oden.com/
Instagram
https://www.instagram.com/nekonoya_oden/

【動物絵師「竹馬」】
Instagram
https://www.instagram.com/painter_chikuma/

関連記事