「時の記念日」100周年 6月10日 明石市立天文科学館は60周年

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 6月10日は時の記念日。制定されたのは1920年、ちょうど100年前だ。

 西暦671年、天智天皇が大津京(滋賀県大津市)で漏刻(水時計)を設置し、太鼓や鐘で時を告げたと言われている。その日が、グレゴリオ暦(太陽暦)にすると6月10日になるという。現在、漏刻は姿を消したが、日本で初めての「時を告げるシステム」と言える。

漏刻
明石市立天文科学館の敷地内に復元された「漏刻」

 ただ、「時間の概念」は今と随分違っていた。江戸時代には西洋から伝わった機械式時計を改良した和時計が使われ、城下の人に時を知らせていたとされるが、日の出から日没までと、日没から日の出までをそれぞれ六等分する「不定時法」を用いており、昼夜や季節によって一刻の長さが違っていた。

 1873(明治6)年、政府は「不定時法」を廃止、現在と同じ「定時法」が基準になった。海外から機械式の掛け時計などが入ってきたが、当時の日本人は時間にルーズなところがあったという。

 そこで、ターニングポイントとなったのが1920年。今から100年前。東京教育博物館で「『時』展覧会」が開催された。

★最大の功績者・棚橋源太郎

 棚橋源太郎は、国立科学博物館の全身である東京教育博物館の館長を務め、明治から大正にかけて博物館や理科教育の発展に大きく貢献した。1916年にコレラが流行した際、コレラの科学的な知識を広めようと「虎列拉(コレラ)病予防通俗展覧会」を開催。これが日本の博物館でテーマを持った初めての展覧会(いわゆる企画展や特別展)となった。

 1919年には「生活改善展覧会」を開催。日常生活を科学的に改善することが幸福につながることを展示した。この展覧会がきっかけで発足した「生活改善同盟会」は、日常の生活改善の10項目を挙げ、その第1項目に掲げられたのが「時間を正確に守ること」だった。

★「時」展覧会の開催

 1920年、「時」展覧会が開催される。「時」は生活のすべてに関するものだから何でも展示の対象になった。大盛況で、会期も延長。7週間に22万人が訪れた。当時の東京の人口370万人の6パーセントにあたる。この展覧会の会期中、天智天皇の故事にちなんで6月10日が「時の記念日」と制定され、セレモニーが行われた。東京教育博物館では、棚橋源太郎館長の号令とともに多くの風船が飛ばされた。正午を告げる大砲がとどろき、工場や事務所の汽笛がなり、寺社・教会の鐘も打ち鳴らされた。今でいうところのカウントダウンと言える。

 また、東京市内では、女学生や児童が時間を守ることを呼びかける5万枚のビラを配り、浅草や銀座など5か所で、東京天文台から持ち出した標準時計を用意して、通行人に「正しい時刻に合わせてください」と呼びかけ、それぞれが持っていた時計の時刻合わせを行った。

「時の記念日」は人々に「秒」を意識させた初めてのイベントになった。

★そして今年「時の記念日」100周年 明石市立天文科学館は開館60周年

 子午線のまちとして知られる明石。子午線上に立つ明石市立天文科学館は1960年6月10日にオープンした。毎年さまざまなイベントを行っている。今年は60周年。盛大にお祝いしたいところだが、新型コロナウイルスの影響で、天文科学館はこの日、臨時休館。午前10時から午後3時までオンラインでのイベントが行われる。

天文科学館
明石市立天文科学館

 当日のオンラインイベントでは、「明石から発信。100周年祝賀イベント」のほか、全国の天文台をつなぎ、子午線リレーも開催する。明石(天文科学館)は子午線上に建つ。太陽が南中となると、日時計が示す影は全国で最も短くなる。全国でどれだけの差が出るのか、各地の天文台をつないで中継する。

 また、100年ぶりとなる「『時』展覧会2020 in 明石」も7月12日まで開催中。100年前の展覧会で展示されたものや、日本の時計技術の歩み、日本標準時や時間に関する最先端の研究について紹介する。

『時』展覧会2020 in 明石
『時』展覧会2020 in 明石

 100年前の展示からは、女性が一生のうちに化粧に費やす時間を解説したパネルや、人や動物などが1秒間に動く距離を比較したパネルなどが見られる他、100年前にビラを配った子どもたちの声も紹介されている。

パネル展示のもよう
パネル展示のもよう
パネル展示のもよう
パネル展示のもよう

 明石市立天文科学館の井上毅館長は、「100年前、それまでなかった『秒』を意識するようになり、人々の『時』に対する意識が変わった。日本人は世界から時間に正確な国民と言われている。理由はさまざまだろうが『時の記念日』の影響はとても大きいのではないか」と言う。

日時計を持つ井上館長
日時計を持つ明石市立天文科学館の井上毅館長

 時の記念日に合わせて、これまでの時間の使い方、今、そして未来の時間の使い方を考えてみては?

(取材協力 明石市立天文科学館 井上毅館長)

【時の記念日100周年 「時」博覧会2020 in 明石】
日程 2020年6月2日(火)〜7月12日(日)
会場 明石市立天文科学館(明石市人丸町2-6)3階展示室
問い合わせ 明石市立天文科学館 電話078-919-5000


明石市立天文科学館 ホームページ
http://www.am12.jp/

明石市立天文科学館 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCEEFdpOwKKORoc8SRMCtROg

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/06/09/火 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事