よみがえる「あのねのね」の名曲!『おっさん』でスタジオがいっぱいに!

LINEで送る

 ステイホーム期間にあわせて、ラジオ番組で「あのねのね」の名曲「魚屋のおっさんの唄」の替え歌募集が行われ、盛り上がっている。

 その企画をしたのは、「あのねのね」の原田伸郎がパーソナリティーを務めるラジオ関西『原田伸郎のびのび金ようび』。「ラジオをお聴きのみなさんに聴くだけではなく、参加してもらえるにはどうしたらいいか」と考えた番組ディレクターの提案をきっかけに、名曲に再び脚光が集まっている。

原田伸郎
原田伸郎(左)(写真:天宮遥)

 この曲は「赤とんぼの唄」とともに、「あのねのね」が1973年にシングルとしてリリース。当時、一世を風靡した。確かに歌を聴いて笑わずにはいられない。

 歌にはいろいろな「おっさん」が登場する。たとえば氷屋のおっさんだ。

「氷屋の、おっさんに、おこられた。『こうりゃ!』……」

 このノリがわかるだろうか。おっさんの商売と、オチの部分がかかっているのだ。

 そこで、今回の替え歌では、「おっさんの職業」と「オチの部分」が変わることで、無限の可能性が広がる。

 お手本となる原曲は……。
「時計屋のおっさんがやけどした、ウォッチッチ!」
「スパゲッティー屋のおっさんにおこられた、ボンゴレなめとんのか!」

 作詞は、「あのねのね」清水国明。ギャクソングなど作詞したことがない番組スタッフには、かなりハードルが高いのではないかと思われた。原田伸郎は「みんな参加してくれるかな」とちょっと心配そうだったというが、スタッフ作の「おふろやの おっさんが よろこんだ ばんだーい!」を聴き、「これならお聴きのみなさんに参加してもらえるかも」と、5月最初の金曜日から放送へ。

 すると番組開始直後から、いろんな「おっさん」がたくさん寄せられて大好評に。2週目からは『のぶりん大賞』が設けられるほどになった。

「あのねのね」、そして、「魚屋のおっさんの唄」を知る世代も知らない世代も、番組を通じて様々なチャレンジで楽しんでいる。

 テレワークが普通になりつつある今、ラジオのリスナーは確実に増加傾向。番組に寄せられるメールの数も5月は2倍弱になり、年齢層も幅広くなったそうだ。

 ひとりで仕事をするのも、はかどるかもしれないが、ずっとひとりは少し寂しいもの。どんなおっさんを怒らせようかと考えるのもよし、感じていることをそのまま送ってみるのもよし。「これを気にあなたもぜひ、『魚屋のおっさんの唄」の替え歌で、ラジオに参加してみてはいかがでしょうか」と、番組は呼びかけている。

『原田伸郎のびのび金ようび』は、ラジオ関西で毎週金曜日午前10時から。「さかなやのおっさんのコーナー」は、10時45分ごろから放送されている。「コーナーをもりあげるため楽器もそろっています! カウベルをたたきながらあなたのおっさんを披露します!」とスタッフの意気込みも高い。

カウベル

(天宮遥)

原田伸郎 のびのび金ようび (1) | ラジオ関西 | 2020/06/12/金 10:00-11:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事