コロナ後の芝居を模索 神戸出身の劇作家・菱田信也さん 三宮シアター・エートー

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 新型コロナウイルスは、たくさんの業界にダメージを与えた。なかでも演劇や音楽など文化などのエンタメ業界には大きな影響が出ている。

 神戸・三宮に誕生した芝居小屋「シアター・エートー」もそのひとつだ。劇場の芸術監督で劇作家の菱田信也さんに、今とこれからについて聞いた。

神戸三宮シアター・エートー
神戸三宮シアター・エートー

「シアター・エートー」は、大阪芸術大学舞台芸術学科にかつて存在した「A棟」というプレハブ小屋の名前が由来で、今から3年前の2017年6月に開館した座席数100の小劇場。神戸の中心地・三宮の表通りから1本入ったところにあり、そのたたずまいから「芝居小屋」という人もいる。

 開館以来、演劇をはじめ、落語などの古典芸能からトークショーまで幅広い内容の公演を行っている。各地にあった小劇場が経営難で姿を消すなか、神戸の文化の発信地として期待されている。

 しかし、そのエートーも、3月初旬の公演を最後に、6月上旬までまったく公演ができなくなった。

「6月1日から通常業務に戻り、少しずつ公演の準備などを始めているが、この3か月ほどは公演も打てず、貸館としての料金も発生しない状況が続いている。劇場や公演のスタッフもまったく動けない状態だった」と菱田さん。「もともと僕の仕事はステイ・ホームできるので、その間、いろんなものを書いていた」とも言う。とはいえ、新型コロナ前と今ではすべての物事や考え方が大きく変わってしまった。

「今までは当たり前にできたことができなくなる。たとえば近い距離のラブシーン。お客さんからは『おいおいそんなに近くて大丈夫か?』となってしまう。3密を避けるためには100の客席も減らさなければならない。でもそうすると、採算がさらにあわなくなる」

 もともと小さな劇場は、満席になったとしても簡単に黒字にならないのが以前から言われている課題。そこに新型コロナウイルスが追い打ちをかけた格好だ。

「劇場として何ができるのか?」。閉館中もスタッフらとネットを使った会議で話し合っていた菱田さん。そんななかでてきたアイデアが「動画配信」だった。

「実は以前から公演のライブ配信は考えていた。劇場の定数以上の人に見てもらえる可能性がある」

 その第1弾が、6月12日に行われる神戸出身の和太鼓奏者・木村優一さんの公演。公演自体は無観客だが、木村さんのYouTubeチャンネルで無料配信される。さらに7月の24~26日には、4月末に予定していた主宰する劇団公演も準備している。こちらは定数の半分の50席にお客さんに入ってもらう予定だ。

 菱田さんは「赤字覚悟。とにかく実験してみようと思う。来たくても来れない人のためにライブ配信も考えている。そうした形で今後は落語や講談なども送り出せればと思っている」

 演劇という、ひとつの劇場空間で共有する独特の空気感や感覚。これまではそれが最大の魅力だった。だが、今は新型コロナ前とは大きく異なってしまった。

「2か月でお客さんの意識もかなり変わったと思う。これからはそれを前提に作っていくことを考えなければならない。7月予定の公演も、舞台に20人以上も上がるので、3密どころじゃない。役者が立つ場所とかも考えなければいけない」と菱田さん。演劇や芝居はその時代を映す鏡とも言われる。新型コロナウイルス出現の今の時代に、どんな新しいものが生み出されていくのか。

「これからはそれらを前提に、新しい作り方を模索しなければいけない」

 そう話す神戸生まれの作家はこれから何を仕掛け、生み出していくのか。目が離せない。

菱田信也

菱田信也(ひしだ・しんや) 1966年神戸生まれ。劇作家、演出家、脚本家。神戸三宮シアター・エートーで芸術監督をつとめる。これまでに「再生の町」(2009年、NHK)、「グ・ラ・メ!~総理の料理番~ (2016年、テレビ朝日)など、多くのテレビドラマの脚本を執筆。2006年、「パウダア~おしろい~」で第57回読売文学賞(戯曲シナリオ部門)受賞、2019年神戸市文化奨励賞など受賞多数。菱田信也さんの最新刊、シアターエートーが誕生するまでと、これまでの奮闘を描いた「芝居小屋戦記 神戸シアター・エートーの奇跡と軌跡」が4月に苦楽堂から出版された。書店などで販売中。定価1600円(税別)。


神戸三宮シアター・エートー
http://www.a-to-kobe.jp/

LINEで送る

関連記事