withコロナ「解除の安堵」と「第2波の恐怖」(上)「マイナス思考、クセになり」

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 政府は19日、都道府県をまたぐ移動の自粛要請を全面的に解除した。イベントの人数上限も1000人に緩和し、プロスポーツは無観客で認める。経済活動の範囲拡大と感染防止をどのように両立させるかが今後の課題となり、新型コロナウイルス感染拡大「第2波」の抑制を図る。

神戸・ハーバーランド
神戸・ハーバーランド

■「恐る恐る」の生活がスタンダードに

 姫路市に住む40代男性は市内の繁華街でダイニングバーを2店舗を経営する。持続化給付金が5月に支給されるもテナントの賃料や諸経費ですべて帳消しに。6月、約50日ぶりに営業を再開した。

50日あまりの休業期間を経て6月から営業再開(姫路市内)
50日あまりの休業期間を経て6月から営業再開(姫路市内)

「どうでしょうね。国民は本心から『良かったね』と喜べるのでしょうか? 一つひとつの行動について恐る恐る考えながら生活するのが“新しい生活様式”になっているような気がします。ためらいながらお店に来てくださるお客さんに聞くとね。

姫路の街は、5月末の緊急事態宣言解除から徐々に増えているように思いますが、コロナ感染拡大前と比較すると全然人は戻っていない……。大手企業に勤めている常連さんの多くは、まだ自粛中でテレワークだったり短縮勤務だったり。

6月に入ってから以前の勤務に戻り、普通に出勤しなさいとの連絡をもらえた人もいるようですが、会社内では『解除になったからってフラフラ外を出歩くなよ』という無言のプレッシャーを与えられる空気が漂っているらしいです。直接言われるわけではないので余計にキツいようです」

姫路駅前
姫路駅前(緊急事態宣言発令中・2020年4月)

「今回の解除は、来る可能性が高い第2波への布石かと思っちゃいますね。安倍首相は18日の会見で経済活動を止めたくないと話してましたが、『解除したからまた(感染者が)増えた、増えたから次の対策立てますよ』みたいな。政府は次の抑制のために何か理由付けをしてるような気がするんです。それが今回の全面解除だと思います。表向き、経済活動を回すとは言うものの。実際に私たちの周りでしでに4月に廃業した仲間も多くいます。姫路でも神戸でも……(廃業した)彼らは『今さら全面解除といわれても』ってあきれ顔です。次の職探しに必死です。

私たち個人事業主は、一連のコロナへの恐怖からこんな感じでマイナス思考になってしまいました。こう考えてしまうのは、3月ごろからずっとなんです。ちょっと疲れがあるのかも知れません。体力的にも精神的にも。家族や従業員、そして私自身と。それでも笑って仕事してますが」

■コロナウイルスの第2波を見据えた社会活動制限の方針、兵庫・大阪・京都が歩調合わせ

 兵庫でも県民に対する不要不急の外出自粛要請を19日から緩和した。県内で1か月以上新たな感染者が確認されていない。これまでは首都圏と北海道へ移動するのを控えるよう求めていたが「東京都との往来自粛要請」のみ継続、7月9日まで往来自粛を求める。

 井戸敏三知事は「感染の第2波に備えつつ、経済活動の回復を目指すため、兵庫県内への観光客誘致を進める」とした。

井戸敏三・兵庫県知事
井戸敏三・兵庫県知事(写真は2020年5月、全休業要請解除時の会見時)

「第2波」襲来時の社会活動制限の方針も発表。新規陽性者数を「10人以上」「20人以上」など4つに区切り、これらの区分ごとに移動の自粛要請などを出す。

 また、再び緊急事態宣言が出された場合の休業要請について井戸知事は「広域的な対応も必要で、大阪や京都などと歩調を合わせたい」としている。

※21日は(下)withコロナ「第二波・予測できても覚悟までは…」を掲載予定

関連記事