宝塚記念に負けない!? アナウンス泣かせ『難読馬ドリームレース』現役アナが選ぶ最強馬とは…

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 今週末、6月28日は、競馬のGⅠレース、宝塚記念。ファン投票の得票の多い上位10頭に優先出走権が与えられるのをはじめ、18頭の人気・強豪馬が集い、阪神競馬場 2200メートル(芝)で争われる、上半期のドリームレースだ。今年も140万を超える票が集まったなか、ヴィクトリアマイルを制したアーモンドアイ(牝5歳)が最多得票となる11万1,842票を集め(※今回は出走せず)、2位には今年の大阪杯を制したラッキーライラック(6枠11番)が10万6,401票で続いた。

 もちろん「グランプリ」と呼ばれるようなビッグレースになれば、実況するアナウンサーもプレッシャーがかかり、馬名の間違いなどがないよう、いつも以上に注意を払って実況を行うものだ。

 ということで、今回の宝塚記念を前に、趣向を変えた『ドリームレース』を独自開催してみたいと思う。これまで国内外問わず登録された馬名のうち、実況泣かせの難読と思われる馬を集めてみた。

枠順
『実況泣かせの難読馬!?ドリームレース』

 独自にピックアップした18頭立ての『夢の競演』(!?) この実況を、ラジオ関西でスポーツ実況経験豊富な林真一郎アナウンサーにお願いしようとしたのだが……。よほど難読なのか、「実況は難しい」と、まさかのNGに。その代わりに、アナウンサーとして、このなかで最も難読なのはどの馬であるかを順位付けしてもらった。馬名のあとの一言は、馬名における林アナのアナウンサー的感想である。なお、1着が最も難しい馬名となる。

【着外】
マコトナワラタナ、ロドリゴデトリアーノ、アヌラーダプラ、ストラテジックチョ、ドクトルレヒトミユ、クイーンカアヌマフ
「特に問題なし」

【12着】
ポポカテペトル
「あせらなければクリア可能」

【11着】
リュヌルージュ
「ラ行が苦手な人は苦しむ」

【10着】
ポルトドートウィユ
「少しクセがあるので注意」

【9着】
シュタルクスキルス
「練習次第でクリア可能」

【8着】
ラペルドゥリデュ
「やや難しいが、練習次第でクリア可能」

【7着】
アンドロメダザダゾ
「最後の『ザダゾ』が言いにくいが、練習次第で克服可能」

【6着】
カルビアブリカルビ
「克服可能。切り目をしっかり言えると大丈夫だが、言い間違う可能性大」

【5着】
マラコスタムブラダ
「最後の『ム』と『ブ』の連続音が“すべる”恐れ大」

【4着】
ククルククパロマ
「中ほどのカ行の連続音『クク』が嫌だ……」

【3着】
モミジプボブ
「これも難読馬名。母音もウオウとよく似た口の開きに加え、パ行バ行の連続音のため、かなりやっかい」

【2着】
カポデテュティカピ
「きつい。後半のタ行の連続音は難しい。つい、違う音を発してしまう」

【1着】
バミュバミュミュエ
「最初の破裂音で息を出してしまい、さらに追い打ちをかけるようにマ行が続くのはなかなか難読」

 1着となったバミュバミュミュエは、直線で独走だった場合はかなりアナウンス泣かせでもある。難読馬名のドリームレース、一度皆さんもチャレンジしてみてはいかがだろうか。

 最後に、25日に発表された第61回宝塚記念の出馬表より、林アナには、難読馬もあげてもらった。最も言いにくいのは、7枠15番のスティッフェリオ、対抗は8枠16番のクロノジェネシス、単穴は3枠5番のサートゥルナーリア。こんな予想だが、参考になる、かも……。

宝塚記念
第61回宝塚記念(GⅠ)出馬表と、林アナによる「難読馬」3頭ピックアップ

GOGO競馬サタデー! (1) | ラジオ関西 | 2020/06/27/土 10:00-11:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事