丹波市で歴史を訪ねる(2)“春日局(お福)ゆかりの場所”『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫・丹波について、歴史をはじめ多面的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。4回にわたる丹波市内の歴史を訪ねるシリーズ、2回目の7月9日放送回では、“春日局(お福)ゆかりの場所”を訪ねました。番組パーソナリティーは「兵庫・神戸のヒストリアン」として活躍する田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と、久保直子さんです。

■「お福坂」

 兵主神社から県立氷上高等学校の南側を通って、興禅寺に向かう途中、氷上高校の南東の角あたりの坂道を、この土地の人たちは「お福坂」と呼んでいます。ここから山の方を振り返って見ると、西北の方角に黒井城の西ノ丸あたりの砦があります。

 戦国時代の終わりに黒井城の城主だった斎藤利三の娘として黒井の館で生まれた「お福」が通った坂道だと言われている、「お福坂」。黒井城の西の砦の麓あたりに兵主神社がありますが、そこから黒井城の正面の麓にある興禅寺の方に向かう小さな峠道のようになっているところです。400年前、幼い女の子だったお福さんがこのあたりを通っていたかも知れません。ぜひ、黒井を巡るときには「お福坂」も訪ねてみてください。

■黒井城跡登山口

 お福坂からまっすぐ東側へ。丹波市立黒井小学校の東門の前に立つと、大きい山の頂に石垣が見えるのが、黒井城の本丸です。険しい山ですがお城を作るためにてっぺんを平らに、曲輪が切ってあります。「黒井城跡登山口」と書かれているように、ここから登って行きます。近そうに見えますがグニュグニュ回った道で簡単に登れないので1時間くらいはかかるでしょうか? 攻めてこられたときのことを考えてあったのですね。

■興禅寺

 黒井小学校の東門からすぐ東側に、「興禅寺」というお寺があります。このお寺の門や石垣を見ると、お寺なのに、まるでお城みたいです。このお寺ができる前に黒井の土地をおさめた斎藤利三の館があったことから、この土地の人たちはこの一角を「斎藤屋敷」と呼びました。

興禅寺
興禅寺

 黒井城主、荻野(赤井)直正(※全盛期は、西は但馬の竹田城から東は福知山までを勢力下に置いた豪族)の館がこの辺にあったようです。信長の命令で丹波に攻め込んできた明智光秀の家老が、斎藤利三です。明智光秀は赤井氏と波多野氏を滅ぼしたあと、斎藤利三にこの辺りをおさめさせました。

 斎藤利三の娘が、のちに江戸城の大奥を作った『春日局』、お福です。本能寺の変の後、山崎の合戦で明智光秀も破れ、斎藤利三も処刑されてしまいます。お福が5つになる前に、父である斎藤利三は亡くなってしまったのですが、母の実家で育てられると、のちに徳川家に乳母として務めることになります。興禅寺は、お福が生まれてから3歳まで育ったといわれているところです。

興禅寺
興禅寺

■「春日局の産湯の井」

 興禅寺の本堂の西側に趣のある和風の庭園があり、池の端を通って境内の西北へ。その一角に「春日局の産湯の井」があります。

春日局の産湯の井
春日局の産湯の井

 井というのは、湧き水のこと。この湧き水で、春日局=お福が産湯をつかったという伝説があります。ちょうど興禅寺の本堂の山側が黒井城の本丸で、急な黒井の山の麓にある湧き水です。この興禅寺のある場所が黒井城の城主の館があったところです。当時は今のお寺から、坂を150メートルほど下ったところに、元々のお寺「誓願寺」がありました。寺屋敷という様な呼び名が残っているようです。大きなお寺で9つも坊がありました。街道筋から来るとお寺がずっとあって、そこから坂を上がったら館があるわけですから、寺が砦替わりになって町を守っている黒井の寺町のような状況だったようです。

 ところが戦国の黒井城の争奪の戦いの中にあって火災に遭い焼失してしまいます。黒井城を荻野直正(赤井)が手に入れたときに、お寺を再建したといわれています。やがて直正も亡くなり、戦国の時代が終わって平和な時代となった江戸時代、寛永3(1626)年に元の城主の館跡だった現在の場所に移すと、真言宗の誓願寺を宗派も曹洞宗とし、寺の名前も興禅寺と改めたと伝えられています。

(文・構成=番組パーソナリティー久保直子)

番組
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん
田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と久保直子さん

『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』2020年7⽉9⽇放送回音声

ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波 | ラジオ関西 | 2020/07/09/木 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事