忙しいあなたもぜひ!「オタク飯」って何? ~ はちみつバタートースト編~

LINEで送る

 サンドウィッチの語源は、サンドウィッチ伯爵のカードゲーム好きが高じて、ゲームをしながらでも食事ができるものを作らせたという説が有名です。(※諸説あり)

 古今東西を問わず、人は何かに熱中すると調理や食事の時間を削ってでもその趣味に没頭したくなるもの。

 そして「オタク飯」というジャンルが、あるラジオ番組で提唱された。

“オタク飯”―時間がなく忙しいオタクのために「火を使わずに手軽な調理で食べられる」料理。

 今回はラジトピ編集部が番組で紹介された「はちみつバタートースト」を実践してみた。

 材料はタイトル通り3点のみ、パン・はちみつ・バター。材料だけでおいしいのは間違いないが、作り方も実にシンプル。

(1)はじめに、食パンにナイフで十字の切り込みを入れる。

(2)バターを大胆にカットして食パンの中央へ据える。

(3)食パンに焼き目が付くくらいトーストする。

(4)焼きあがったら好きなだけハチミツを垂らす。

「はちみつバタートースト」
「はちみつバタートースト」

 本当に簡単だ。切って、乗せて、焼いて、かけるだけ。バターがいい感じにパンに染み込み、おいしさ倍増である。さらに食べるときにも簡単に割けるので、パンくずも出にくい。またバターを焼く前に先に乗せているので、溶けるのを待たず熱々が食ベられる。

“オタク飯”はオタクだけのものではなく、忙しい現代人向けのレシピとも言える。ぜひ一度試してみては?

※番組コーナー「これぞオタク飯!」 ラジオ関西『大地・みなみのカレーチャーハン』より


関連記事