神戸・都賀川水難事故12年「災害から子どもを守るために」パネル展開催

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 2008年、ゲリラ豪雨による増水で子どもを含む5人が死亡した神戸市灘区の都賀川で起きた水難事故は28日に12年を迎える。

 事故当日、午後3時前に都賀川の上流に近い六甲山上空に突然、黒い雨雲が現れ、大雨・洪水警報が発令されるなか、約10分で川の水位が約1.3メートル上昇、学童保育所に通う子ども3人を含む5人が死亡した。

 事故で犠牲になった子どもと同じ学童保育所に子どもを預けていた神戸市の谷口美保子さんは、市民団体「7月28日を『子どもの命を守る日に』実行委員会」を事故の翌年に立ち上げ「二度と事故を起こさないために、活動で得た知識や教訓を多くの人と共有したい」と訴える。

都賀川・通常時
通常時の都賀川(画像・谷口美保子さん提供)
都賀川・増水時
増水時の都賀川(画像・谷口美保子さん提供)

■親水公園、雨が降ると急に増水

 当時100年に1度ともいわれた大雨だったが、もともと水害が多い地域だったため、都賀川は雨水を海に流す排水溝として活用され、のちに水に親しむ親水公園として整備された歴史がある。こうしたことから都賀川は地元で「雨が降ると急に増水する川」として知られる。兵庫県は都賀川の事故後、大雨洪水注意報・警報が発令さると点灯する回転灯を設けるなどした。

■もう同じ災害を繰り返さない

 六甲山系は東西30kmに及び、この区域に都賀川をはじめ大小あわせて100もの河川がある。

 1938年に起きた阪神大水害(神戸や芦屋など阪神地区を中心に死者・行方不明者695人・被害家屋11万9895戸)では神戸市東灘区の住吉川が氾濫して山津波が襲った。濁流の高さは3mだった。

過去の偲ぶ会
2019年に開かれた「偲ぶ会」(画像・谷口美保子さん提供)
千羽鶴
ことしも地元の子どもたちや地域住民が作った折り鶴を都賀川公園に飾る(追悼式典は取り止め)

 谷口さんをはじめ「7月28日を『子どもの命を守る日に』実行委員会」は地質学や気象、防災の専門家の助言をもとに子どもの命を守る取り組みについて調査を続け2018年、冊子にまとめた。事故当日の増水の様子を近隣住民ら14人の証言とともに時系列で振り返った。さらに都賀川がほかの川とは違い、いかに傾斜が急であるかを図で示すなど、よりわかりやすい形で避難のあり方を問いかけている。

パネル展「都賀川水難事故から防災を考える」(神戸市立灘区民ホール)
パネル展(神戸市立灘区民ホール)

  実行委員会は新型コロナウイルスの影響を考え、毎年7月28日に行う追悼式を取り止めて地元の子どもたちや地域住民が作った折り鶴を都賀川公園に飾る。現場近くの神戸市立灘区民ホールでパネル展「都賀川水難事故から防災を考える」を開いている(パネル展は灘区民ホール・1階ロビーで8月2日まで)。

関連記事