アシカの赤ちゃん、名前がシブい?!「新右衛門」神戸市立王子動物園

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 神戸市立王子動物園(=神戸市灘区)で6月23日に誕生したカリフォルニアアシカの赤ちゃんの名前が決まった。

6月23日に生まれたカリフォルニアアシカの赤ちゃん
6月23日に生まれたカリフォルニアアシカの赤ちゃん(提供:神戸市立王子動物園)

 同園では、アシカの赤ちゃんの名前について7月23日から入園客らによる投票を行い、最も多くの票を集めた「新右衛門(しんえもん)」に29日決定した。通称は「シンちゃん」で「新しい命が元気に育ち、新しい風を吹かせてほしい」という飼育員の想いが込められている。名前の通り、シンちゃんは生まれた日から屋外に出るほどとても元気な様子を見せているという。

 投票結果で次点となったのは「令和の時代にたくましく育ってほしい」という想いが込められた「令二(れいじ)」で、わずか8票差での落選だった。

母のスミレに甘えたように引っ付く「シンちゃん」
母のスミレに甘えたように引っ付く「シンちゃん」(提供:王子動物園)
水中でスミレと戯れる愛くるしい姿も
水中でスミレと戯れる愛くるしい姿も(提供:王子動物園)

 神戸市立王子動物園では現在、新型コロナウイルス対策として抽選による入園制限を実施している。また7月15日に中国から20年の貸与期限を迎えたジャイアントパンダの「旦旦(タンタン)」の帰還時期は未定。

LINEで送る

関連記事