【インタビュー後編】ロケ現場で目撃 “北村匠海さんの眼ヂカラ、福本莉子さんのあか抜け”

sub04
(写真3枚)

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」、メガホンを取るのは恋愛映画の名匠・三木孝浩監督だ。今作は、ほとんどのシーンを神戸で撮影している。ロケが順調に進むよう支えたのは神戸フィルムオフィス代表の松下麻理さん。なぜ神戸が選ばれたのか、どのような想いで制作に臨んだのか、キャストの素顔や撮影エピソードを聞く。

関連記事