神戸 癒しのカフェを求めて vol.5 ~美味しいだけじゃない、笑顔つながる空間へ~

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 これは「カフェケシパール」が誕生するまでのおはなし。

01

 ある少女は、幼いころから「世界平和」を夢見てきた。少女はケンカがとにかく嫌いだった。もう少し、ほんの少し、一人ひとりが思いやりと優しさを持って笑顔で人と接することができたならば、世の中はもっと平和になるはず……。

 少女の夢は、成長するにつれて大きくなっていった。「世界平和」のために自分ができることは何だろう。

 少女の見つけた答えは、自分自身が「笑顔」でいることだった。無理やりではなく、自分の好きなこと・興味のあることをしながら精一杯楽しんで生きる。そうして幸せな笑顔でいるときは、きっと周りに優しくなれる。優しくされた人も笑顔になる、そんな、たしかな実感が生まれていた。

 優しさの輪を広げ、「笑顔で笑顔を作ること」を実践し続ければ、少しずつでも確実に、笑顔の波は世界へも広がるはず……。そうして、「カフェケシパール」が誕生した。

「カフェは手段なんです」と、オーナーの西山達也さん・名都子さん夫婦は語る。

オーナーの西山達也さん・名都子さん夫婦
「カフェケシパール」オーナーの西山達也さん・名都子さん夫婦

 結婚して12年、共に支えあいながら「カフェケシパール」と「ケシパルーフ」の2つのカフェを営み、笑顔の波を広げ続けている。

「少女」とはもちろん名都子さんのこと。「笑顔で笑顔を作ること」をライフワークとして、彼女自身、毎日実践し続けているという。

「彼女の夢を後押ししたくて……」と達也さん。「カフェを開きたい」という名都子さんの想いを受け、3年勤めた会社を辞め、2人で店づくりを始めた。テーブルや椅子、棚や照明などは、すべて手作りだ。営業しながらコンセプトや理想のイメージを固め、それに近づけるために空間をアップデートし続けてきた。

 3年ほど前に今のスタイルとなり、着実にファンを増やしてきた。当時から、店の笑顔を元気の源としてチャージしにくる常連は、後を絶たない。

 こだわりは内装だけではない。メニューにも並々ならぬ想いが込められている。達也さんに言わせれば、名都子さんの考えるメニューや作る料理は天才的だそうだ。外食をしたいと思わなくなるほど、あたたかくて美味しいのだという。

 ケシパールのメニューの特徴は、チーズケーキと豊富なドリンクだ。メニューはすべて名都子さんが考えたもの。一つひとつ、楽しんでほしいポイントが明確にあり、細かくメニューに書かれている。

 たとえば、「チョコミントのベイクドチーズ」なら、「オーガニックのフレッシュペパーミントはこれ以上ないほど爽快な風味と香り。カカオ分の高い刻みチョコの食感もアクセント☆」とある。「パイナップルのレアチーズ」なら、「果汁もどっさりジューシーなレアチーズ生地は、サワークリームで爽やかに。上面にはヨーグルトをたっぷり乗せ、自家製パイナップルジャムをアクセントに」と説明書きが。

03
「チョコミントのベイクドチーズ」
04
「パイナップルのレアチーズ」

 メインとなるチーズケーキは130種ある中から、季節に合わせて常時5~6種類が提供される。こだわりぬいた力作と、それにぴったり合うコーヒーをセットにしたマリアージュセットがこのカフェの定番だ。

 美味しいケーキとコーヒー、ここで食べるからなおさら美味しい。笑顔が笑顔を生む「カフェケシパール」。元気をチャージして、笑顔と優しさの輪をつなげていきたい。

05
06

※ラジオ関西『PUSH!』2020年8月26日放送回「カフェ・ド・アスカ」より


「カフェケシパール」
https://www.cafe-keshipearl.com/



※情報は2020年8月27日現在のものです。最新の情報は、直接お店にご確認ください。

「神戸 癒しのカフェを求めて」アーカイブはこちら

関連記事