わかぎゑふ、演劇の配信ライブを歓迎「劇場に来てもらうための第一歩」

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

「それでも演劇を続けるために、せーのでキッカケを作ろう。」を合言葉に、9月19日(土)と20日(日)に、大阪市北区のABCホールで、「ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~」が開催される。

 現在、大打撃を受けている関西小劇場界が声を上げ、立ち上がったこのイベント。その実行委員会のひとりであり、劇団「リリパットアーミーⅡ」の座長を務める、劇作家・演出家のわかぎゑふさんが、ラジオ関西『シンコペ!~enter the エンタ~』のリモートインタビューに登場。コロナ禍での状況や、演劇界が取り組むウェブ配信への思いなどを語った。

 今回のインタビューは、番組の8月ゲストで、「ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~」発起人でもあるゲキゲキ/劇団『劇団』(通称:ゲキゲキ)の主宰・古川剛充さんへのインタビューがきっかけとなっている。

わかぎゑふさん
わかぎゑふさん

 わかぎさんの劇団も「実際、3月から7本ぐらい芝居(舞台)が飛んじゃったり、延期になったり、4月の公演も直前で中止になったりとかしました」と、大きな影響を受けている。しかし、「(新たに)7本仕事しているんですよね。『今しかできないからリーディングをやろう』、『オンラインで何かしよう』、『クロマキーを使った無観客配信しよう』とか、小さい現場がどんどん続いて、その中の1つが、『ターニングポイントフェス』ですね」と、わかぎさんはコロナ禍でも活発に動いている。

 実は、わかぎさん自身は、舞台公演が休止を余儀なくされるなか、「60代になって、(ここで)ちょっと休めるやん!」と発想を変えて、その時間を別の目的に充てようとしたそう。「今、61(歳)で、『今後どうするか考えるのに、ちょうど良いときかな』、『なんか勉強でもするか……』みたいな思いもあったんです。私、性格がすごくのんきなので……」。

 そんなときに、わかぎさんのもとに、立て続けに依頼が舞い込む。「『前に書いた本を朗読(劇)の本にしてほしい』とか、コロナの間にオンラインで1本5分くらいの(脚)本を書いてくれ』とか、規模や場所、やることが変わっただけで、忙しい状況は変わらないです」。

 そのなかの1つが、5月に行われたリモート劇『12人のおかしな大阪人』だ。

 この公演は、1995年、阪神・淡路大震災直後に行われていたもので、「もともとは、(東京)サンシャインボーイズがおやりになった『12人の優しい日本人』のパロディー」(わかぎ)。当時小劇場の座長や役者などが関西弁でやろうと始めた寄せ集めのような企画だったが、開演直前の1月17日に震災が発生。大阪と東京でその直後に行われた公演の際には、神戸の倒れた家から這い出してきた俳優もいたそうだ。それぞれの思いがつながり、舞台では「特別な劇団」が生まれた。また、東京では「よく来た!」と受け入れられ、チャリティーでサインを売り、それが100万円を超え、みんなで寄付したという。

「女優のキムラ緑子も出ていましたが、最初サインするのをすごい嫌がって、『もう、私、サインなんかないもーん! でけへーん!』って言っていたくせに、何百枚とサインするから、『ふっこさん(わかぎ)サインできましたー!』って、書き慣れてサインができるということもありました(笑)」と、当時のエピソードも披露。(※番組放送では時間の都合上カット)

 このコロナ禍での自粛期間中、東京サンシャインボーイズの当時のキャストを中心に『12人の優しい日本人』がオンラインで行われた。それを見ていた当時の思い入れを持ったメンバーたちから声が上がる。今でも演劇界では語り草になる『12人のおかしな大阪人』が、2020年5月、25年の時を経て、リモート読み合わせで行われた。

 初演当時、わかぎさんは36歳で、12歳の男の子役。そして今回のオンラインでも同じ役。「オンラインだからこそです!」と、わかぎさんは笑っていたが、非常に良い配役だと感じられる。リモートでの『12人のおかしな大阪人』読み合わせは、見応えあるものとなり、現在もYouTubeで公開されている。

 音楽界では、配信ライブも定着し、これが1つのビジネススタイルとして注目されている。演劇の配信については、わかぎさんはどう考えているのか。

「演劇の配信で儲かった儲からないはともかく、演劇って、たいそうなものじゃないですか。わざわざ劇場に行かなければ、見られへんものですし。劇場に来てもらう活動というのが、(今は)結構ない状態ですが、そのなかで配信するということで、全国の人が見てくれたり、たとえば九州の友だちが『これやったら見られるから、見たよー!』って連絡くれたりもしました。演劇にとって、ある意味はじめの第一歩は、劇場に来てもらうことだったのですが、『その手前に、1コ、いい階段が合ったんだな……』と、私はそういう気持ちになりました」

 そして、世界の演劇界をみても、演劇の配信は、自然なものになってきているという。

「現在のように、演劇がウェブの世界に、これほどまでに乗った(配信された)のは、初めてのこと。イギリスの(演劇界)ナショナルシアターでもライブ配信などがあるそうで、それは芝居を、ライブで見に来てもらうためというもの。(内容は)映画のようにカット割りされたものが上演されています。賢い人は最初から分かっていたんですよね……」

 配信で、劇場に来てくれる人が増える可能性を感じていると、わかぎさんは期待をかける。

※ラジオ関西『シンコペ!~enter the エンタ~』2020年9月6日放送回より

ターニングポイントフェス

「ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~」
開催日程 2020年9月19日(土)・20日(日)
会場 ABCホール(大阪)
出演団体
いいむろなおきマイムカンパニー、オパンポン創造社、Z system、万博設計、MousePiece-ree、リリパットアーミーⅡ、演劇部希望、ゲキゲキ/劇団『劇団』、匿名劇壇、VOGA、無名劇団、劇団レトルト内閣、劇団往来、清流劇場、劇団とっても便利、南河内万歳一座、May、TPFスペシャルユニット


◆公式サイト
◆クラウドファンディングサイト

わかぎゑふ プロフィール
1959年2月13日生まれ、大阪府出身
関西小劇場の劇団「リリパットアーミーⅡ」二代目座長。大阪弁の人情喜劇、明治以降の近代日本の庶民劇に定評がある。
2000年度大阪市きらめき賞受賞。2001年度大阪舞台芸術奨励賞受賞(『お祝い』の作、演出にて)。2011年度バッカーズ・ファンデーション演劇激励賞受賞(三軒茶屋婦人会「紅姉妹」脚本に対して)。
古典への造詣の深さも有名で、歌舞伎「たのきゅう」「色気噺お伊勢帰り」新作狂言「わちゃわちゃ」「おうみのおかげ」などの作・衣裳・出演なども担当。
また、大劇場から小劇場まで縦横無尽に演出できる数少ない女性演出家のひとり。コロナ自粛期から明けた2020年6月1日に歌舞伎の中村鴈治郎と「亥々会(いいかい)」を早々に立ち上げ、新作狂言「棒しばり×棒しばり」(出演=中村鴈治郎、茂山逸平)の作・演出を担当。
2014年度から京都藝術大学の非常勤講師。日本劇作家協会、日本演出者協会(現理事、関西ブロック長)日本ペンクラブに所属。
ラジオ、テレビへの出演、ドラマの脚本、エッセイ本も多数。自身のイラストの入った集英社文庫から出ている大阪シリーズが広い世代に人気。NHKで放映中の『リトル・チャロ』シリーズの原作者で、現在は英語番組『ボキャブライダー』を担当。

【活動詳細】玉造小劇店ホームページ

シンコペ!~enter the エンタ~ | ラジオ関西 | 2020/09/06/日 15:00-15:55

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事