敬老の日 発祥は兵庫・多可町 受け継がれる精神

LINEで送る

「敬老の日」発祥の地は、兵庫県多可郡野間谷村、現在の多可町八千代区。昭和22年(1947年)、当時の門脇政夫村長が、初めて村主催の敬老会を開いたのがきっかけだ。

敬老の日提唱の地の石碑 八千代コミュニティプラザ玄関脇に立つ 写真提供・多可町
敬老の日提唱の地の石碑 八千代コミュニティプラザ玄関脇に立つ(写真提供:多可町)

 昭和22年というと、戦後の混乱が続き、子どもたちを戦地に送った親たちも精神的に疲れていた時期。門脇村長は「そんな親たちを少しでも報いてあげたい」と、農閑期で気候的にも過ごしやすい9月15日を「としよりの日」とし、村中の自動三輪車を集めて、55歳以上の人を公会堂に送迎したうえで、初めての敬老会を開催した。これが全国に広がるのだが、国民の祝日になったのは昭和41年(1966年)のことだった。その後、平成15年(2003年)に法律が改正され、現在は9月第3月曜日が「敬老の日」となっている。

 多可町には「敬老の日提唱の地」の石碑が建てられている。

 多可町民なら誰もが知っているという歌がある。「敬老のうた きっとありがとう」。

 平成25年(2013年)、敬老の精神をいつまでも受け継いでいくため歌詞を公募し、CDを制作した。町内の催しなどで歌われるほか、9月は毎日午後6時になると防災無線からオルゴールのメロディーが流れる。また、「介護予防」に役立てようとメロディーに合わせた体操も考案された。筋力を鍛え転倒予防や腰やひざなどの痛みを防ぐとともに、脳の老化防止と認知症の予防にもつながると期待されている。

 現在多可町の敬老会は、喜寿敬老会に変わった。今年はコロナの影響で中止になったが、子どもたちがおじいちゃんおばあちゃんを描く子ども絵画展(31回目)については今年も開催。9月20日から22日までガルテン八千代体育館に展示されるほか、10月にはウェブ上に掲載される予定だ。

おじいちゃんおばあちゃん絵画展(過去の様子)
敬老の日発祥のまち多可町おじいちゃんおばあちゃん子ども絵画展(過去の様子、写真提供:多可町)

 一方、兵庫県内には長寿や健康を掲げる市町がいくつもある。

「健康長寿のまち」猪名川町には、今からおよそ150年前に、江戸幕府の役所からご褒美をもらったことが記された文書が残されている。猪名川町ホームページによると、万延元年(1860年)11月付の文書で、宛先は書かれてないものの、内容からみると、猪名川町域を管理していた高槻役所に宛てて書かれた書状の写しとみられる。

 それによると、「藤助という人の祖母・元が長寿であることの褒美として 青銅1貫500文(およそ7500円)をもらったこと」「村人や村役人たちも喜び、村のために各戸が負担する労役を免除したこと」「これは大変ありがたいと祖母も大喜びし、これからも養生に励む」といったことが書かれている。元さんの年齢は書かれていないが、当時この地域では長寿の人も多かったようだ。

 猪名川町は、現在も平均寿命が、全国の平均を上回る。猪名川町福祉課によると高齢者を支えるいくつかの施策があるという。そのうちの1つが「集いの場を設ける」こと。高齢でひとり暮らしとなると、引きこもってしまうこともある。それを防ぐため3つの集いの場を設けた。(1)健康長寿体操教室、(2)ふれあい生き生きサロン=ここではお茶やコーヒーを飲みながらおしゃべりや趣味を楽しむ、(3)脳トレサロン=プリントの課題に取り組む。現在は新型コロナウイルスの影響が出ているものの、町内複数の場所で週1回程度開催されており、これが高齢者の支えになっているのではないかという。

 敬老の日発祥の町、多可町ではこんな動きも。大学生がゼミ単位で企画を考え商品化を目指す「Sカレ(Student Innovation College)」に自治体として初めて参加。例えば『バレンタインならチョコ』というように、『敬老の日にはこれ!』というものができないか、と大学生たちに考えてもらっている。現在17大学18ゼミが奮闘中。この秋に一次審査が行われ、冬に最優秀賞が決まる。その後、商品化を目指す。

 多可町商工観光課の担当者は、多可町の地場産品にこだわらず、若い人の自由な発想で考えてもらい、それを「敬老の日発祥の町・多可町」から全国に発信できればいいと話す。来年の敬老の日には実現しているかもしれない。

多可町 喜寿敬老会
多可町 喜寿敬老会(写真提供:多可町)

 兵庫県の人口は2019年(令和元年)10月1日現在、およそ546万6000人で全国7位。このうち65歳以上の人が占める割合は29.1パーセント。全国平均は28.4パーセントなので、これを上回っているが、それでも全国で35位。2015年の国勢調査によると、兵庫県内で高齢者の割合が最も高かったのは佐用町の38.2パーセント、新温泉町36.9パーセント、香美町36.7パーセント、そして養父市と淡路市が36.2パーセントと続く。最も低かったのは、三田市の21.3パーセント。

 30年後の2045年には県内で65歳以上の高齢者が占める割会は38.9パーセントと推計され、自らが元気で過ごすための準備が求められるとともに、そんな人たちが活躍する場がさらに求められそうだ。

※ラジオ関西『PUSH!』2020年9月15日放送回より

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/09/15/火 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事