花を育てる思いやりの心で交通安全を 秋の交通安全運動 兵庫県交通安全協会が呼びかけ

LINEで送る

 兵庫県交通安全協会が、交通安全啓発のための「花の種」1万5,000袋を、秋の全国交通安全運動(9月21日から同30日)に合わせて作製した。

「花の種」は、ポピー(4000袋)、金魚草(1000袋)、かすみ草(2000袋)、金せん花(1000袋)、なでしこ(2000袋)、アスター(4000袋)、スイートピー(500袋)、カモミール(500袋)を用意。県内各地で行われる交通安全イベント・キャンペーンなどで配布されるほか、企業やお店などでも配られ、交通安全を呼びかける。

花

 今回作製された「花の種」のパッケージには、「スマホより横断歩道の僕を見て」「事故のない 明るい兵庫は あなたから」「夕暮れの 一番星は 反射材」など交通安全標語が並ぶ。

 令和2年秋の全国交通安全運動では、重点として、(1)子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保、(2)高齢運転者等の安全運転の励行、(3)夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止、以上の3点があげられている。

 この機会に、花を育てる思いやりの心を、交通安全にもつなげたい。

関連記事