コロナ対策で3商店街が一致団結! 兵庫・上郡町 地元の思い

LINEで送る

 兵庫県上郡町にある3つの商店会が合同で遠のいた客足を取り戻そうと「安心安全宣言」を掲げて、「新型コロナ感染症対策・予防」のために兵庫県商店連合会商店街感染症対策支援事業補助金を申請。このたび、補助金の交付が決定した。

 この補助金を受けたのは、上郡町の「栄町商店会」(会長:橋本正行氏・会員25店舗)「駅前商店会」(会長:西山徹氏・会員20店舗)「市町商店会」(会長:秀谷英次郎氏・会員7店舗)の3商店街。

 上郡町は、兵庫県の西端、岡山県との県境に位置し、豊かな自然に囲まれ、古くから京阪神地域や山陽、山陰地域などへの交通の要所地で、上郡駅は智頭急行智頭線の始発駅としても知られる。

 その上郡町の3商店街が合同で9月20日と21日に統一デザインの「感染症対策商店街宣言」PRのぼりやチラシ・ポスターを一斉に掲げた。

 商店街では、買い物客のために休憩所を設け、空気清浄器を設置、同トイレにもアルコール自動噴射機や空気清浄器などを置いて、安心安全をアピール。また、チラシ持参の来客者には、今となってはなつかしさすら感じる「ガラポン抽選会」を3商店会が協力して行った。今年はコロナ禍で買い物客などを呼び込みづらい、難しい状況だったが、商店街には久々にマスク越しの笑顔があふれ、笑い声が商店街に響いた。

にぎわい
にぎわい
補助金
補助金で購入した空気清浄器
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/09/IMG-1791-e1600932684279.jpg
補助金で購入した、のぼり

 今回の補助金申請作業や3商店会の「世話人」をしている「はらだ呉服店」社長の原田和之さんは、地元・上郡で85年続く老舗の呉服店を営む。

「病気は自然発生的に発生し、猛威を振るっているが、ここで生きていくのは自然の一部である我々人間が、見えざる病に勝つ・負けるではなく、この現実をどう生き延びるかが大事だと思う。(上郡で)3つの商店会が1つのことをやることはありそうでなかったが、このような事態に力を合わせることこそが貴いと思う。みんな何かをやりたいが、やりたいが何をやっていいのかわからない。じゃあ、一人でできないなら『みんなでやろう!』と背中を押し、一緒に汗をしたい」と原田さんは、思いをつづった。

「店舗の経営、商店会の維持もなかなか難しく苦しいが、コロナ禍にこのような呼びかけ、取り組みに賛同していただいた3商店会の店舗(全52店)の一丸となったがんばりは必ず次につながる」

 ちなみに、原田さんは「この上郡には地元ヒーローが2名もいるんです」と地元の名士の名をあげ、『上郡愛』を語る。「一人は、室町幕府を興すのに功績のあったとされる『赤松円心』、もう一人は幕末から明治期に活躍した『大鳥圭介』です」。

 原田さんが今、イチオシだという「大鳥圭介公」は、江戸時代末期の天保三年(1832)に現在の上郡岩木石戸地区に医者の長男として誕生。漢学者を目指し岡山藩の閑谷学校で5年間学んだが、父の希望もあって赤穂の西洋医のもとで、2年間修業をした。これが元となり、大阪の適塾、後に大木塾、江川塾で学びかつ教えながらついには江戸にて幕臣旗本となった秀才だ。戊辰戦争では旧幕府軍についたが新政府軍に敗れ、2年半入牢、死罪を免れた。出牢後は、語学力(英蘭仏語)を生かし、日本の殖産興業に尽力、同時に後に日本のためになる人材を育成。明治維新政府に多大なる貢献を果たし、当時にしては長寿の部類になる79歳の生涯を閉じた。(参考:上郡町ホームページ)

「赤松氏も有名だが、大鳥公も我々上郡の誇りであり、絶対的ヒーロー。県内外からも一度上郡を訪ねていただきたい。またお土産に上郡産モロヘイヤ入りの『大鳥圭介黄金せんべい』もありますよ!」とPRした、原田さん。余談ではあるが大鳥圭介公の実家の下から金が採れたという逸話からの商品名とのこと。

 原田さんが営む呉服商という仕事は、赤ちゃんが生まれる前の腹帯、生まれた後の産着、七五三の着物、晴れ着、花嫁衣裳と地元に根差すからこそ何代も続いてお客様の人生の節目に関わることができる。上郡駅前の喫茶店「ヨット」の沖さん(現在は他界)にかわいがられていたそうで、受けた言葉を最後に結んだ。

「上郡は米(コメ)やぞ」

 この想いが今回の3商店会合同事業の世話人として、上郡を愛する心で原田さんを動かしている。

「はらだ呉服店」社長の原田和之さん
「はらだ呉服店」社長の原田和之さん
店頭
はらだ呉服店の店内で掲げられている、地元・上郡への思い

(文:黒川良彦)


【兵庫県商店街感染症対策支援事業】
兵庫県では、商店連合会と連携し、商店街が行う新生活様式への対応(ひょうごスタイル)に併せた感染症対策を支援。2020(令和2)年9月30日(水)まで

■事業対象者
商店街・小売市場の団体、商店街連合会
※任意の商店街団体も含む

■取組内容:
1.感染症拡大防止事業
(商店街が実施する共有スペース等の感染症対策)
2.クリーン商店街発信事業
(感染症対策に取り組む商店街のPRや来街者への啓発)  

■補助の対象となる経費
1.感染症拡大防止事業
サーモカメラ、換気扇の設置、空気清浄器(空気清浄機付きエアコン)、アルコール自動噴射機、紫外線照射モジュール、クリアパーテイションの購入、等
2.クリーン商店街発信事業(PR経費)
啓発資材の作成(タペストリー、のぼり、ちらし等、HPの更新等)

■実施期間
2020(令和2)年4月7日(火)(緊急事態宣言後)~9月30日(水)

■申請期間
2020(令和2)年6月22日(月)~9月30日(水)

■定額補助
商店街・小売市場:上限100万円、下限10万円
商店街連合会:上限200万円、下限10万円

兵庫県商店連合会 ホームページ
http://hyogo-omise.com/

関連記事