入院患者へ虐待、主犯格の元看護助手「けがをしない程度なら…」検察側、懲役7年求刑 神戸地裁

(写真2枚)

神戸市の精神科病院で起きた看護師らによる入院患者への虐待事件で 、主犯格とされ暴行や監禁などの罪に問われた元看護助手の男(27)の第2回公判が28日、神戸地裁で開かれ、 男は「身勝手な行動で患者さんに苦痛を与えてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と改めて謝罪した。

関連記事