初主演ならではの苦労も… 映画「鬼ガール!!」井頭愛海さんインタビュー(後編)

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 井頭愛海さんは、2001年生まれ大阪府出身。2012年に全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し、映画「おしん」に初出演、連続テレビ小説『べっぴんさん』では主人公の娘さくら役を演じた女優だ。10月9日(金)に大阪先行公開、16日(金)から全国順次公開される、映画「鬼ガール!!」では、初めての主演をつとめることに。鬼伝説が今も残る、大阪・奥河内が舞台の青春エンターテイメント映画で、井頭さんは鬼であることを隠しながら、素敵な恋やキラキラした高校生活に憧れる、主人公「ももか」を演じる。今回のインタビュー後編では、映画の魅力や座右の銘などについて話をうかがっていく。

主演 井頭愛海さん
井頭愛海さん(写真:ラジオ関西)

◆撮影当時のエピソードについて

――映画の撮影中、苦労したことはありますか?

たくさんあるんですが、こんなに出演シーンが多いのは初めてだったので、まず撮影のスケジュール的に、朝から晩までずっと撮ってるっていうのが体力的にも必死でした。あと、映画の最後に皆で“連鎖劇”といって、映像と舞台が融合した劇みたいなものをやるんですが、私は舞台の経験がないので、短期間の間に皆で作り上げるっていうのは、すごく難しかった。でも楽しかった部分でもあって、お客さんが生で、目の前で実際に見てくださったりしたので、それも新鮮な感じで撮らせていただきましたね。

――完成した作品を観た時、どう感じましたか?

まず、映像がすごくキレイ。自然豊かな場所での撮影だったので、緑や自然な空気っていうのが、画面を通してすごく感じられました。撮影当初も「キレイな場所だなぁ」って思っていたんですが、ドローンを使ったり、いろんな手法を使って撮影したので、すごく見ごたえのある作品になったんじゃないかなって。「青春してるな!」っていうのは、撮影中も、完成品を観たときも思いました。

――演じるうえで、監督から求められたことは何かありましたか?

力の出し方というか、「今回は70パーセントくらいの力でやってみよう」「30パーセントくらいでやってみよう」とか、パーセンテージで示してくださってたので、分かりやすかったです。「もっとこうして!」っていうよりかは、自由に演じさせていただいたので、本当に好きにやらせていただいた感じですね。

――では、この作品の一番の魅力を教えてください。

青春映画なので、青春したくなるような映画。ですが「鬼ガール!!」なので、鬼要素がたくさん出てくるところがやっぱり魅力だなって思います。私が演じた主人公「ももか」は鬼の末裔なんですけど、角が生えてくるシーンとか、鬼のパワーをたくさん使ったシーンがあるので、そこが見どころだと思います。

◆井頭愛海さんの、座右の銘

――井頭さんの心に残っている言葉、座右の銘を教えてください。

最近、いろんな方とお仕事をして感じたのが「人生は一度きり」という言葉。それが最近すごくしっくりくるようになっています。失敗しても「人生一度きりやから」と思えば、けっこう何でも挑戦したくなるし、自分が頑張る活力になるような言葉だと思うので。その言葉を大切に、これからも挑戦し続けたいと思います。

――最後に、映画「鬼ガール!!」に興味を持つ人に向けてメッセージをお願いします。

この映画自体がパワフルで元気で、すごくエネルギッシュな映画だと思います。関西の皆さんが知っている場所が出てきたりとか、私もそうでしたが、撮影していて知らない場所だったり「こんな素敵な場所があるんだ」って発見にも繋がると思います。大阪満載の魅力たっぷりな映画ですので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。ぜひ劇場でご覧ください!

※ラジオ関西『PUSH!』2020年9月30日放送回より


☆インタビュー前編はこちら


(C) 2020映画「鬼ガール!!」製作委員会

■映画「鬼ガール!!」
公式サイト
公式Twitter(@onigirl_jp)
公式Instagram(onigirl_jp)

LINEで送る

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/09/30/水 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事