映画初主演で“鬼”に挑戦 映画「鬼ガール!!」井頭愛海さんインタビュー(前編)

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 井頭愛海さんは、2001年生まれ大阪府出身。2012年に全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し、映画「おしん」に初出演、連続テレビ小説『べっぴんさん』では主人公の娘さくら役を演じた女優だ。10月9日(金)に大阪先行公開、16日(金)から全国順次公開される、映画「鬼ガール!!」では、初めての主演をつとめることに。鬼伝説が今も残る、大阪・奥河内が舞台の青春エンターテイメント映画で、井頭さんは鬼であることを隠しながら、素敵な恋やキラキラした高校生活に憧れる、主人公「ももか」を演じる。今回は、映画の撮影エピソードなどについて話をうかがっていく。

主演 井頭愛海さん
井頭愛海さん(写真:ラジオ関西)

◆“縁”を感じた初主演

――映画「鬼ガール!!」の脚本を読んで、どんなことを感じましたか?

まず、タイトルが「鬼ガール!!」なので、「どんな話なんだろう?」と思って読ませていただきました。コメディ要素もありつつ、関西弁で脚本が書かれていて、私も大阪府出身なので親近感を持てましたし、「演じてみて楽しいんだろうなぁ」というふうに感じましたね。

――今回が初主演、どんな気持ちで撮影に臨みましたか?

初めての主演作を大阪で撮らせていただける、ということにご縁を感じました。奥河内という場所で撮影したんですけど、すごく魅力のある素敵な場所で、私にもゆかりのある場所だったので、自分のできる精一杯をこの映画でぶつけて、「たくさんの方に観ていただけるように」っていう想いを込めて作品を作っていました。

◆主人公「ももか」との共通点

――主人公と井頭さんの共通点、正反対な点などはありますか?

これは最近、監督から聞いた話なんですけど。私を主演に選んでくださったとき、私のことを“当て書き”(演じる俳優を決めてから脚本を書くこと)してくださったっていうのを最近知って……。なので、けっこう家族構成が似ているんですよね。年の離れた弟と妹が私にもいるんですけど、主人公にも、ひと回りくらい年の離れた弟と妹がいて。家族構成や、私がいつも考えていることが主人公と近かったので、結構「ここは主人公と自分は違うな」って感じることは、あまりなかったです。逆に、当て書きしてくださっているからこそ、本当の素の自分で演じることができたので、そこはすごくよかったんじゃないかなって思います。

――主人公は表情がコロコロと変わるキャラクターでしたが、井頭さんも喜怒哀楽はハッキリしているんでしょうか?

そうですね、映画よりはちょっと抑えめですけど(笑)。けっこう泣いたり笑ったり怒ったりとか、普通の人よりは感情の起伏が激しい方なのかなと思ったり。泣いてたと思ったらすぐ笑ったりとか。私のお父さんもそういうタイプで、そこがちょっと親譲りの部分なのかなって、最近思ったりしました。

――関西弁での演技は、難しくありませんでしたか?

今、東京に上京して住んでいるんですけど、ホンマに関西弁で普段もしゃべっているので……逆に、関西弁の方がやりやすいというか。なので標準語で話すときは、スイッチを入れるというか、関西弁の役が続いたときは、標準語に戻すのが難しかったりしますね。

※ラジオ関西『PUSH!』2020年9月30日放送回より


☆インタビュー後編はこちら


(C) 2020映画「鬼ガール!!」製作委員会

■映画「鬼ガール!!」
公式サイト
公式Twitter(@onigirl_jp)
公式Instagram(onigirl_jp)

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/09/30/水 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事