魅力いっぱい!山陽電鉄須磨~明石 ~鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」vol.1

LINEで送る

この記事の写真を見る(8枚)

 鉄アナ・羽川英樹の新連載「行ってきました!」。初回は、兵庫県の神戸ー姫路間を結ぶ私鉄、山陽電鉄のお話です。

 神戸・西代から姫路までを結ぶ山陽電鉄本線は全長54.7km。大阪・梅田から、阪神~神戸高速~山陽と相互乗り入れによる直通特急が誕生したのは、1998(平成10)年。直通特急というには停車駅が多く、大阪~姫路はJR新快速なら1時間ですが、山陽の直特は1時間33分もかかってしまいます。

 しかし、そんな山陽電鉄線でも、見どころいっぱいの「山陽須磨」~「山陽明石」の区間をご紹介しましょう。

「山陽須磨」駅は、須磨海岸の最寄駅で、味わいある駅舎。4両の普通3000系アルミカーに乗りますが、山陽電鉄は1963(昭和38)年なんと日本で最初にアルミ車両を導入しているんです。

4199
4202

 次の「須磨浦公園」駅には、1959(昭和34)年開業の昭和の香り満載の遊園地があります。1998年までは この駅まで梅田から阪急電車も乗り入れていましたね。

 駅前からロープウェイ、そして、なつかしいカーレーターにガタゴト揺られ山頂に到着。レトロな回転展望閣からの眺めは最高です。この須磨浦公園駅を出ると、左手にすぐ海が広がってきます。この瞬間の気持ちのいいこといいこと。ここは絶対寝てはいけませんよ。

「山陽塩屋」駅は、古くから西欧人が高台に住み着いた町。線路横にあるグッゲンハイム邸は、先のベネチア映画祭で銀獅子賞をとった「スパイの妻」のロケ地にもなりました。

 また駅からの細長い商店街にあるのが、「ワンダーカレー」。小さなエスニック風のお店ですが、牛すじのうまみと野菜・フルーツの甘みがうまくミックスされた絶品カレーです。

4216
4225

「滝の茶屋」駅からは明石海峡大橋も左前方に見えてきます。この駅の下りホームからの眺めがよく、しばしばCMや映画のシーンにも使われています。

 そしてこの駅のそばに築86年のスパニッシュ建築の「ジェームス邸」があります。現在はレストランになっており、おいしいローストビーフが食べられます。

「舞子公園」駅では淡路島方面への高速バスと接続します。全長3911mの明石海峡大橋も目の前。大橋の袂に広がる舞子公園も実に気持ちのいい散歩道です。

4287

「人丸前」駅はホームの上を日本標準時の東経135度の子午線が通っています。また山側にはプラネタリュウムが有名な明石天文科学館もあります。

4255

「山陽明石」駅。ここで多くの乗客がJRに乗り換えます。緑豊かな明石公園を歩き、「魚の棚」でお買い物。仕上げは名物・玉子焼きをぜひ召し上がれ。(羽川英樹)

4266
4269

鉄アナ・羽川英樹の出発進行(YouTubeチャンネル)


山陽電車ホームページ
http://www.sanyo-railway.co.jp/

関連記事