「声は出せないけれど…」観戦して感じた、コロナ禍でもBリーグが面白い理由

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 西宮は、来場者に対する検温や消毒の徹底、マスクの着用を求めている。また、会場のあちこちでアルコール洗浄を行うだけでなく、酸化チタンを用いた光触媒コーディングも実施。蛍光灯が当たっている間にウイルスを分解するので長期間清潔な状態を保つことができるという。クラブの努力によって感染対策が行き届いた会場づくりがされているのも、ブースターにとってはうれしいことだろう。制限下での試合が続くとはいえ、ぜひとも、アリーナでの生観戦で選手の後押しをしたい。残る10月の西宮ホームゲームは、24日・25日の福島ファイヤーボンズ戦。

来場者は検温(左)、および、消毒、マスクの着用(右)が求められる(Photo by T.MAEDA)
来場者は検温(左)、および、消毒、マスクの着用(右)が求められる(Photo by T.MAEDA)
LINEで送る

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/10/15/木 15:00-16:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事