メルヘンの世界へ誘う絵本図書館 兵庫・相生の「ゆう風舎」

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 それは、まさに隠れ家のようなお店。兵庫県相生市の西側をぶらり歩いていると、植物に囲まれた建物が見えてきた。中に入ると、そこにはメルヘンな世界が広がる。不思議な世界に来たような感覚を楽しめる、絵本図書館&カフェ「ゆう風舎」だ。

「ゆう風舎」絵本図書館 入り口
「ゆう風舎」絵本図書館 入り口

 経営するのは、高原道人さん。

 メインは絵本図書館とカフェだが、雑貨や手芸材料なども販売している。創業28年。建物は、引っ越してきた際に建てた物でまだ新しいという。絵本図書館という名の通り、置いてあるのは絵本のみ。高原さんの趣味で集めていた絵本がほとんどで、一部、友人から譲り受けたモノもあるとか。

 建物自体、植物やテラスに囲まれてメルヘンな雰囲気があるうえ、中に入ってもレトロな物が出迎えてくれる。本当に、不思議の国に迷い込んだアリスのような気持ちだ。

 図書館といっても、貸し出しは行っていない。その場で手に取り、読んで楽しむ。これが「ゆう風舎」のルールだ。

 有名な絵本から、知る人ぞ知る絵本、飛び出す絵本まで、見事なラインナップで、お店の世界観だけでなく、絵本自体にも飽きさせない。世界各国の翻訳された絵本が所狭しと並ぶ。「絵本を通して、いろいろな国が見える」と高原さんは教えてくれた。

 また、図書館内の絵本の並びは気まぐれに変わる。まず、テーマを決めて、そのテーマに沿った並びで本棚に収まる。いつ来館しても、いろいろな絵本を見つけることができそうだ。

絵本図書館「ゆう風舎」 高原道人さん
絵本図書館「ゆう風舎」 高原道人さん

 高原さんは、もともと、小・中学校の図工・美術の先生をしていた。ある日「もっと違うことがしたい」と思い、出身地に戻ってきた。

 そして、夫婦の趣味として、奥様の手芸や高原さんの絵本を並べるなどしていく内に、今の「ゆう風舎」ができあがった。

 もっと絵本を知ってもらいたい。絵本に触れて、自分も作ってみたいと思って帰ってくれたら……。と、高原さんは願っている。公式サイトでも、「ゆう風舎」の情報を発信し続けている。

 相生市に、メルヘンの世界を探しに行ってみませんか?

※ラジオ関西『谷五郎の笑って暮らそう』~「ぐるっと西播磨」より


「ゆう風舎」(絵本図書館)




谷五郎の笑って暮らそう (2) | ラジオ関西 | 2020/10/27/火 11:00-12:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事