「ビリから2番目」から半世紀 西脇工が46連覇の偉業 兵庫県高校駅伝東播予選会

(写真1枚)

全国高校駅伝競走大会(12月20日・京都市)の第一関門となる兵庫県高校駅伝東播地区予選会が10月24日、西脇市内の駅伝コースで行われ、男子は全国大会8度の優勝歴を誇る西脇工が圧倒的な強さを発揮して順当勝ちした。西脇工を高校駅伝の強豪に育て上げた渡辺公二さんがチームを率いて初めて東播予選会に臨んだのは1970(昭和45)年だった。「ビリから2番目」の悔しさから丸50年。西脇工は予選会の連勝記録を「46」に伸ばした。

関連記事