尼崎・発砲事件 至近距離から急所外す? 負傷の神戸山口組系幹部「急に呼び止められ…面識なし」

(写真2枚)

尼崎市で3日、発砲された暴力団関係者2人が負傷した事件で、撃たれた特定抗争指定暴力団「神戸山口組」傘下組織幹部(61)は兵庫県警の事情聴取に対し「歩いているところを呼び止められ、拳銃で数発撃たれた」などと説明し、逃走中の2人とは面識がないという。

関連記事