「想定外」に対応、関空と神戸に新レーダー設置へ 関空連絡橋・タンカー衝突事故教訓に 第五管区海上保安本部

(写真4枚)

2018年9月、近畿を襲った台風21号の強風で流されたタンカーが関西空港の連絡橋に衝突した事故を受け、第五管区海上保安本部(神戸市中央区)が、関空と神戸市のポートアイランドに船舶の位置情報を把握するレーダーを新設する。

関連記事