【ACL】イニエスタ&西大伍ゴールで初のアジア王者へ前進!ヴィッセル神戸が上海上港を撃破!

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

この記事の動画を見る

 カタールで行われているサッカーのアジアナンバー1クラブを決める大会、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の東地区は、一発勝負の決勝トーナメントに突入。ヴィッセル神戸は日本時間の7日に、中国の上海上港とラウンド16で対戦し、前後半に1得点ずつ奪い、2-0で勝利した。

写真:イニエスタ祝福
ゴールを喜ぶイニエスタら、ヴィッセル神戸の選手たち(©VISSEL KOBE)

 この試合に照準を合わせていたヴィッセル神戸は、MFアンドレス・イニエスタ選手やDFトーマス・フェルマーレン選手、FW古橋亨梧選手、FWドウグラス選手など主力がそろって出場。対する上海上港は元ブラジル代表のMFオスカル選手とストライカーのFWリカルド・ロペス選手の両ブラジル人選手を軸に、中国人選手が周りを固めた。

 試合が動いたのは前半31分。山口蛍選手のパスを受けたイニエスタ選手がドリブルで相手DFのタイミングをずらしながら左足でグラウンダーのシュート。必死で止めようとするGKの脇を抜けたボールはそのままゴールに吸い込まれ、ヴィッセルが待望の先制点を決めた。

写真:イニエスタシュート
イニエスタが左足を振り抜く(©VISSEL KOBE)

 キャプテンのゴールで勢いづくヴィッセルは後半5分、左サイドから古橋亨梧選手が入れたクロスボールに、ゴール前の西大伍選手が右足で上手く合わせてリードを2点に広げた。

写真:西祝福
西大伍のゴールを祝福するヴィッセル神戸の選手たち(©VISSEL KOBE)

 後半途中にイニエスタ選手が負傷交代するアクシデントがあったが、その後もヴィッセルの選手たちは集中力を切らさず、このまま2-0で大一番を乗り切った。

 試合後の会見で三浦淳寛監督は「難しい試合だったが、選手はチームコンセプトのもと、気持ちの入ったプレーをしてくれた。神戸で応援してくれるファン・サポーターの気持ちが選手にも届いて勝利を勝ち取れた」と振り返った。

 2点目を決めた西選手は「まだまだな部分も多いので、この大会で成長したい」と話し、準々決勝へ向けては「勝つだけ。90分が終わったときに勝っていればいいという意識をみんなが持つこと」と意気込んだ。

 初のACL出場でベスト8進出を決めたヴィッセル。次の戦いは中2日となる日本時間12月10日(木)だが、イニエスタ選手の負傷の状態も気になるところ。少しずつ目の前に迫ってきた「アジア王者」へ向けて、総力戦で挑む。

 なお、ベスト8の相手は8日の抽選で決定。東地区では、ここまでヴィッセルのほかに、蔚山現代(韓国)、北京国安(中国)が勝ち上がっているほか、7日の試合で横浜F・マリノス(日本)と水原三星(韓国)が最後の1枠を争う。

【ACLハイライト】ヴィッセル神戸vs.上海上港|AFCチャンピオンズリーグ ラウンド16(ヴィッセル神戸YouTubeチャンネルより)

関連記事