ザ・プラン9のコヴァンサン、『おちょやん』で杉咲花と共演 泣きの芝居で俳優転向?

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 お笑いコンビ「チョップリン」として活躍後、10月からお笑いユニット「ザ・プラン9」新メンバーとなった「コヴァンサン」(小林幸太郎から改名)と「きょうくん」(西野恭之介から改名)が、ラジオ関西(神戸市)で担当する自身のラジオ番組『日曜チョップラン』で、俳優として出演中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』でのエピソードを披露した。

朝ドラで杉咲花と共演したコヴァンサン(右)と、きょうくん(写真:ラジオ関西)
朝ドラで杉咲花と共演したコヴァンサン(右)と、きょうくん(写真:ラジオ関西)

 新体制後初の「ザ・プラン9」芝居公演の稽古中だというコヴァンサンと、きょうくん。コメディというよりシリアスな部分が多く苦労しているそうで、きょうくんは「コヴァンサンのセリフが少ない、不公平だ」とクレームをつける。しかし、コヴァンサンは「もっとセリフが欲しい」と不満だそう。

 二人は現在放送中の朝ドラ出演俳優でもあるが、「きょうくんは役名“B”だが、俺には役名がある」と、ドヤ顔で語り、役者としてのプライドを見せる、コヴァンサン。「年明け頃の登場です」と張り切って告知も。

 きょうくんは「それ、もう情報出していいんだっけ?」と心配そうな様子だったが、「もう始まっているので大丈夫、仲間もみんなSNSで告知している、ぜひご覧ください」と、かまわず進行。俳優の一面を強調するコヴァンサンは、「主演の二人とがっつり絡んでいる」「成田凌君と“サキちゃん”」と、勢いが止まらない。

“サキちゃん”なる人物が思い当たらないきょうくんに「それは誰?」と問われると、コヴァンサンは主演俳優の杉咲花さんをそう呼んでいたことが判明。「そこをニックネームにせんやろう!」とツッコまれつつ、話題は次第に撮影現場のケータリングの話に。「通常であれば用意されている軽食やお弁当がコロナ対策で一切ないのがつらい、お腹が空いて空いて仕方がない」と嘆く。現場には「冷水と緑茶しかない」「おむすび握っていこうかなと思ってた」などと、次第に話がスケールダウン。大物俳優への道のりは険しそうだ。

 また、前回の番組名リニューアル(『日曜チョップリン』→『日曜チョップラン』)に続いて、コーナーの内容もリニューアル。ザ・プラン9加入により複業を封印することになり、コヴァンサンのサイドビジネスを探すコーナーを廃止。ファンの方から、チョップランの二人の架空目撃情報を元にトークする「チョップランの妄想ファンレター」のコーナーと、朝ドラなど芝居づいている二人にドラマ風のセリフを言ってもらうコーナーを新設。初回のテーマはコヴァンサンときょうくんに言ってもらいたい『スパイ風のセリフ』を募集している。番組内でスタッフから提案されたコーナーを2つとも即答で採用した二人は、届いたお便りも「全部採用」する方針とのこと。番組を盛り上げるリスナーとの距離の近さを活かした番組になりそうだ。

ラジオ収録を終えたコヴァンサン(左)と、きょうくん(写真:ラジオ関西)
ラジオ収録を終えたコヴァンサン(左)と、きょうくん(写真:ラジオ関西)

真夜中劇場「かつて日曜チョップリンだった番組」→「日曜チョップラン」 | ラジオ関西 | 2020/12/12/土 26:00-27:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事