“季節”をひとくちで楽しめる パイ専門店「TOKINONE」が神戸・御影にオープン!

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 旬の果物や野菜が持つ力と、それを楽しむ時間を届けるために……。神戸御影にパイ専門店「TOKINONE」がオープンした。「日本ならではの四季が奏でる香り・彩・味わいを伝えたい」そんな想いで作られるこだわりのパイだ。

 商品は大きくわけて2種類。まずは「フルタージュ」をご紹介しよう。

フルタージュ(1つ150円)
フルタージュ(1つ150円)

 これは生地を折りたたんで作られたパイである。断面は薄い生地が何層にも重なっていて、軽やかでサクッとした歯ごたえが魅力。正式名称は「フィユタージュ」というが、シェフである古畑さんの名前をかけて「フルタージュ」と名付けられた。半分に割ってジャムやハチミツを付けていただくのだが、その素材にもこだわりがあるとのこと。

 市販で売られているハチミツはほとんど西洋蜂のものだが、TOKINONEでは、希少価値の高い日本ミツバチのハチミツを、淡路島から仕入れて販売している。コクがあり濃厚な味わいが特徴だ。ほろほろと崩れてしまうパイとの相性はまさに抜群! バターの風味とハチミツの濃い甘さをぜいたくに楽しめる。

 季節によって素材が変わるコンフィチュールもこだわりが詰まっている。厳選された果物の、自然本来の甘みを引き出すのがTOKINONE流だ。現在は「りんご」のみずみずしい爽やかな風味を楽しめる。ハチミツとは違い、なめらかな食感、果物のさっぱりとした酸味は新鮮な味わいだ。フルタージュ6個とハチミツ・コンフィチュールのセットの販売も。

 もう一つの商品の名は「SHIZUKU(しずく)」。1口で食べてほしいという願いから作られ、高級リキュールやブランデーで漬け込んだ季節の果物を、メレンゲカスタードで包み込んだ繊細な一品だ。3種類セットで販売されており、アート作品のようで写真映えバッチリだろう。

SHIZUKU
SHIZUKU

 現在は、ピスタチオ・ラズベリー・りんごの3種類。ピスタチオは、中にリキュール漬けのオレンジを忍ばせていて、口の中ではじける果汁と、ピスタチオの濃厚な味わいが絶品だ。ラズベリーは、ピンク色のクリームでキュートな印象。果実のプチプチ食感と、みずみずしい甘さを存分に味わうことができる。りんごは、リキュール感の強いちょっぴり大人な味わい。大きなりんごのかけらが入っていて、クリームの甘さ・リキュールのほろ苦さとベストマッチだ。

 なぜパイだったのか? 「愛情をかければかけるほど答えが返ってくると感じたのが、パイだったんです」と、シェフ・古畑さんは語る。お菓子を作っている間、オーブンの中のお菓子に話しかけることも少なくない。多くの時間とたっぷりの愛情をかけて作られたTOKINONEのパイは、ぜいたくなティータイムや、誰かへの贈り物として、華やかに彩りを添えてくれるだろう。

パイ専門店「TOKINONE」
パイ専門店「TOKINONE」

※ラジオ関西『PUSH!』2020年12月23日放送回「カフェ・ド・アスカ」より


■パイ専門店「TOKINONE」
神戸市東灘区御影石町4丁目15番15号
(阪神御影駅・石屋川駅から歩いて約10分)
営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休

■「TOKINONE」Instagram



LINEで送る

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/12/23/水 15:00-16:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事