新年最初の注目は「しぶんぎ座流星群」、水星も観察のチャンス! 2021年1月《星空散歩通信》

(明石市立天文科学館 提供)
(写真2枚)

2021年の天文現象は、しぶんぎ座流星群からスタートする。3大流星群のひとつだが、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群と比べると、活動が活発な時期が短く、年によって出現数が変わりやすいと言われる。

関連記事