2回観たくなる!ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

この記事の動画を見る

 あなたは“人生のきらめき”を、日頃の生活で感じていますか? 人はなぜ生きるのか? どんな自分になりたい? 人生の目的とは? ディズニー&ピクサーがついに哲学をテーマとしたアニメ作品を完成させました。3Dアニメーション映画『ソウルフル・ワールド』が12月25日(金)からディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」で独占配信中。

写真 サブ2

 生まれる前に「どんな自分になるか」を決める魂(ソウル)たちの世界。夢や情熱を感じる“人生のきらめき”を見つけると、人間の世界に生まれることができます。でも22番と呼ばれる女の子のソウルは、やりがいを全く見つけられず、何百年もここで暮らしていました。

 ある日、ニューヨークでジャズ・ピアニストを夢見る音楽教師・ジョーがソウルの世界に迷い込みます。元の世界に戻って夢を叶えたいジョーと、彼に協力することになった22番。

 ソウルの世界と現実世界のニューヨークを舞台に大冒険を繰り広げる2人。最後に見つけた<人生のきらめき>とは……?

サブ1

 オリジナルの世界観で哲学的なストーリーをわかりやすく綴ったディズニー&ピクサーの最新作。この作品を手がけたのは、ピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーのピート・ドクターです。現在のピクサーを率いるドクターは、『トイ・ストーリー』からアニメーターとして参加し、監督作『カールじいさんの空飛ぶ家』、『インサイド・ヘッド』で2度アカデミー賞に輝きました。

『ソウルフル・ワールド』で現実世界を描くニューヨークの場面は、3Dアニメとして実に深くリアルに表現されています。一方で、人間が生まれる前のソウルの世界や死後のシーンを柔らかく描いていて、メリハリが利いています。

863

 日本語吹き替え版には、声優としてシンガーソングライターの瑛人がカメオ出演している、と話題になっています。彼が担当するのは、主人公のジョーが地下鉄のホームで出会うストリートミュージシャン役。「愛に満ちた世界」という曲を歌って、物語に影響を与える重要な役割を担っています。

 オーディションでこの役を射止めたという瑛人。アニメーションの吹替えを担当するのは初めてで、選ばれたときは「飛び跳ねるくらい喜びました。家族も噓でしょ!? すごい!!と驚いていました」と合格したときの心境を語っています。

 歌うシーンでは、「身体から出る優しさを意識して、心から優しく、本当に誰か愛している人を想像しながら歌いました」と収録現場での様子を振り返りました。

 瑛人にとっての“人生のきらめき”を尋ねると、「歌っている時が“きらめき”です。一番開放されていて、ただ楽しいと感じる時間が流れます。歌っている時が生きる喜びですね」と語りました。

【特別映像】 「愛に満ちた世界」performed by 瑛人

 心から夢中になれることに大切な時間を費やせば、きっと世界は“きらめき”始める……この言葉の本当の意味は?

 コロナ禍で、この作品にもっとも感動するのは夢や希望を失いつつある中年世代でしょうか。それとも希望と未来が限りなく広がる10代・20代の世代なのでしょうか? 人生の目的を探す冒険を描く『ソウルフル・ワールド』は、ディズニープラスで配信中。すぐに2回目を観たくなる、リアルなファンタジーです!(SJ)

178

◇映画『ソウルフル・ワールド』

日本語吹き替え版キャスト:
ジョー/浜野謙太 22番/川栄李奈

日本語版エンドソング:
「奇跡を望むなら... (ソウルフル・ワールドver.)」JUJU

監督:ピート・ドクター
共同監督:ケンプ・パワーズ
製作:ダナ・マレー

『ソウルフル・ワールド』 ディズニープラスで独占配信中
(C)2020 Disney/Pixar.


映画『ソウルフル・ワールド』 公式サイト

関連記事