歴史と地図の勉強にもなる!「丹波篠山西京街道古地図散歩」

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫・丹波について、歴史をはじめ多面的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。2020年12月31日の放送回では丹波篠山市教育委員会文化財課の田中みきさんに「丹波篠山西京街道古地図散歩」についてお話をお聞きしました。

 番組パーソナリティーは、「兵庫・神戸のヒストリアン」として活躍する田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と、久保直子です。

左から久保直子さん、丹波篠山市教育委員会文化財課の田中みきさん、田辺眞人さん
左から久保直子さん、丹波篠山市教育委員会文化財課の田中みきさん、田辺眞人さん

◆「丹波篠山西京街道を歩こう!!」

「『丹波篠山西京街道古地図散歩』では、住民の方はもちろん、観光で来られた方なども利用できるもので、お持ちの携帯やタブレットを使って、丹波篠山市にお越しいただいたときには、GPS機能を使用して、古地図で自分のいる位置情報も確認していただけますし、ご自宅にいながら丹波篠山の歴史探訪をホームページからみていただくことができます。(※ブラウザ版、専用アプリ不要)

こちらは伝統的建造物群保存地区に対応しており、篠山地区(城下町地区)は1644年頃に作られた「正保城絵図」を基とする「丹波笹山城之絵図」、福住地区であれば1873年頃に作られた「丹波篠山市福住地区地籍図」を、それぞれベースにしています。また、両方を見ていただくものとしては米軍の空中写真(1949年)の地図を使っています。

画面を見ていただきますと史跡・寺社・名称等のランドマークピンが立ちます。そのピンをタッチすると写真と解説が表示されます。ピンの数は篠山城下町地区で47か所、福住地区で33か所あります」(田中さん)

◆実際に「西京街道古地図散歩」を使ってみると…

「『西京街道古地図散歩』で検索してください! 今、私たちは福住にいますので、マップの中でこの福住地区を説明している『福住地区地籍図』をタッチ。次にGPSのところに触れると、今いるところが中央に出てきます。


『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』2020年12⽉31⽇放送回音声

LINEで送る

ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波 | ラジオ関西 | 2020/12/31/木 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事