マイカップを使うのは日本だけ!映画『陶王子 2万年の旅』

LINEで送る

この記事の写真を見る(28枚)

 2万年前に人類が初めて生み出した器を起源として、現代までの陶磁器の歴史を伝えるドキュメンタリー。映画 『陶王子 2万年の旅』が、1月16日(土)から大阪・第七藝術劇場で、1月29日(金)からMOVIX京都で公開されます。

 粘土の手触りが気持ちよくてこねくり回していた古代の人が、それを火に入れたとき硬いものが生まれた…それが土器、つまり陶磁器の始まりだそうです。人類で初めに土器を手にしたのはオーストラリアの先住民。2万年前です。

(C)プロダクション・エイシア/NED

 青森県ではおよそ1万5000年前の縄文土器が見つかっていて、これが日本最古です。メソポタミアでは、1万年前に土器づくりが始まり、窯とロクロが発明されて、やがて車輪へ発展しました。中国には、西アジアから青銅器が伝わって、「金属に負けない焼き物を作りたい」とする陶工の努力の結晶として磁器が誕生したそうです。

 この作品は、人類が知恵を使って工夫を重ね、陶磁器を進化させていく歴史をたどるドキュメンタリー映画です。

(C)プロダクション・エイシア/NED

 陶磁器を擬人化したキャラクターが登場、のんがナレーションを務めます。「僕の父は炎、僕の母は土。父と母はどのように出会い、僕は生まれたのだろう?」器の妖精“陶王子”が、器の発展に合わせて成長していく物語。

 柴田昌平監督によると、自分のカップ(マイカップ)を自宅や職場に置いて大切にする習慣があるのは、世界中で日本だけなのだそうです。

(C)プロダクション・エイシア/NED
(C)プロダクション・エイシア/NED

 縄文時代に土器を生み出し、現代では宇宙船の素材となるファイン・セラミックで最先端を走る日本。柴田監督は、「日本にいるあなたただからこそ、人類と陶磁器のドキュメンタリーを作れる」という手紙をフランスの陶芸家から受け取ったのをきっかけに、この作品を足かけ6年かけて完成させました。

 映画『陶王子 2万年の旅』は、大阪・第七藝術劇場、MOVIX京都、神戸の元町映画館で近日公開です。(SJ)

(C)プロダクション・エイシア/NED

◇『陶王子 2万年の旅』
語り:のん
人形製作:耿雪
音楽:Dan Parry
監督:柴田昌平
配給:プロダクション・エイシア
(C)プロダクション・エイシア/NED


『陶王子 2万年の旅』 公式HP
http://asia-documentary.kir.jp/ceramics/

『陶王子 2万年の旅』 予告編

関連記事