“フルーツを、もっと知ってよ、にしはりま!” 兵庫・西播磨の魅力づくりに 新プロジェクトが始動!

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

「西播磨フルーツ∞(エイト)プロジェクト」という取り組みをご存知だろうか。この取り組みは、兵庫県西播磨地域の新たな魅力づくりの一環として発案され、スタートした。

 西播磨は、兵庫県の西部にある「相生市・たつの市・赤穂市・宍粟市・太子町・上郡町・佐用町」の7つの町で成り立つ地域。ここでは揖保川や千種川といった清流に恵まれた肥沃な土俵と、多様な自然といった地の利を生かし、1年を通して甘くておいしい多彩なフルーツが栽培されている。

 そんなフルーツの中から、【みかん、ゆず、いちご、メロン、ぶどう、いちじく、うめ、山椒、りんご、ブルーベリー】の10種類を選び、そのフルーツの食べ頃情報や、さらにおいしく食べれるレシピを紹介。他にも収穫体験や、生産物を使ったイベントを実施、また、食材を生かした商品の提供など、いろいろな人たちに西播磨のおいしいフルーツを知ってもらおうというプロジェクト。それが、「西播磨フルーツ∞プロジェクト」だ。

 プロジェクトには、西播磨のフルーツにかかわる生産者やお店などが参加。その中でも今回は、イチゴの収穫体験ができる「ありなしファーム」、そして、地産のフルーツを使用したジェラートを生産・販売している「ジェラートショップTETE」を紹介する。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

◆「ありなしファーム」

生産者:森田知善さん「ありなしファーム」いちご(赤穂市)
生産者:森田知善さん「ありなしファーム」いちご(赤穂市)

 赤穂市有年原にあるイチゴの観光農園「ありなしファーム」。JA兵庫西いちご部会に所属する生産者の森田知善さんのいちご農園だ。

「ありなしファーム」は、敷地面積が1500平方メートルあり、ビニールハウスの中でイチゴを栽培している農家だ。「あきひめ・紅ほっぺ・恋みのり」の3品種のイチゴを育てている。そしてここでは、収穫時期になると「いちご狩り」も開催している。

「いちご狩り」では、時間内ならば3品種の食べ比べも可能だという。他ではなかなか体験できない楽しみ方だ。また「ありなしファーム」で育つイチゴはとても大きなサイズで、1つでも食べ応えがある。さらにとても甘い! ビニールハウスの近くで直売も行っており、すぐ食べたい人にもおすすめだ。

 料金は、小学生以上が1,500円、小学生未満が1,000円、1歳までは無料となっている。予約は、希望日の3日前から受け付けている。詳しくは、公式インスタグラムをチェックだ!

◆「ジェラートショップTETE」

「ジェラートショップTETE」(赤穂市)
「ジェラートショップTETE」(赤穂市)

 赤穂市に店を構える「ジェラートショップTETE」。一昨年の2019年5月にオープンしたジェラートショップだ。

「ジェラートショップTETE」では、丸尾牧場(赤穂市)直営の強みをいかして、「ハイクオリティーミルクアワード」という、ミルクの品評会で「近畿地区、最優秀賞」を受賞したミルクをふんだんに使用したジェラートが堪能できる。

 そして店内に並ぶジェラートは、なんと16種類。フレーバーも、常に置いている人気商品もあれば、旬のフルーツなどを使うため季節限定のものも。いつ店に行っても、いろいろなフレーバーが楽しめるようになっている。

 農家さんが直接食材を卸し、その日により量も内容も変わってくるため、こういった形となったそうだ。ミルクはもちろん、フルーツも西播磨の現地から届いた新鮮な物を使用している、オリジナリティあふれるジェラートを、ぜひご賞味あれ!

 お持ち帰り、そして、地方発送といった取り寄せも行っている。詳しくは公式サイトに掲載されているので、こちらも見逃せない!

「ジェラートショップTETE」お持ち帰りセット
「ジェラートショップTETE」お持ち帰りセット

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「西播磨フルーツ∞プロジェクト」に参加している農園や店舗は他にもたくさんある。この機会に、「西播磨フルーツ∞プロジェクト」公式サイトで、お気に入りの西播磨のフルーツやイベントを探してみては、いかがだろうか。


◆「西播磨フルーツ∞プロジェクト」
【HP】
【Instagram】

谷五郎の笑って暮らそう (2) | ラジオ関西 | 2021/02/09/火 11:00-12:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事