加古川市・中2女子いじめ自殺訴訟 初弁論で両親怒り「悲鳴を黙殺、このままでは不幸繰り返される」

(写真4枚)

加古川市で2016年、市立中2年の女子生徒(当時14)がいじめを苦に自殺した問題で、学校が適切な対応を怠ったとして、両親が市に約7700万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、神戸地裁姫路支部で開かれた。

関連記事