「推し色クリームソーダ」が名物 西宮の“不純喫茶” つないでいきたい支援のバトン

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 コロナ禍で苦境に立たされる店が多いなか、兵庫県西宮市にある飲食店が、存続をかけてクラウドファンディングに初挑戦した。迷った末の決断で得たのは「お金以上のもの」だという。

 阪神西宮駅近く。レトロなビルにある「喫茶とお酒 花と寅」は、元・花屋で寅年生まれの店主、福山貴子さんが2018年に始めた隠れ家風の店。お酒も飲めることから “不純喫茶”を名乗る。

不純喫茶「花と寅」。レトロなインテリアも魅力(写真提供:花と寅)
不純喫茶「花と寅」。レトロなインテリアも魅力(写真提供:花と寅)

 地元兵庫県へのこだわりも強く、“不純喫茶”らしいメニュー「日本酒アフォガート」には西宮の銘酒「白鹿」を注ぎ、「イングリッシュショートケーキ」には姫路の人気スコーン店の品を使う。

兵庫の美味を使った「日本酒アフォガート」(写真左)と「イングリッシュショートケーキ」(写真提供:花と寅)
兵庫の美味を使った「日本酒アフォガート」(写真左)と「イングリッシュショートケーキ」(写真提供:花と寅)

 ファンが多いのは焼き菓子とクリームソーダだ。特に、色を20種類から選べるクリームソーダは、「推し色」(好きなアイドルやキャラクターのイメージカラー)が見つかるとして昨年SNSで話題となり、客が全国から訪れるきっかけとなった。実は焼き菓子は、昨年の緊急事態宣言下、約1か月半休業した際に苦肉の策で始めたもの。クリームソーダも休業中に色を増やした。両者が思いのほか好評を呼んだおかげで、その時を乗り切ることができた。

焼き菓子部門「ハナトトラオシブ」のクッキー(写真左)琥珀糖も人気。(写真提供:花と寅)
焼き菓子部門「ハナトトラオシブ」のクッキー(写真左)琥珀糖も人気。(写真提供:花と寅)
クリームソーダは全部で20色。SNSで話題に。(写真提供:花と寅)
クリームソーダは全部で20色。SNSで話題に。(写真提供:花と寅)

 しかし今年1月、兵庫県へ再度の緊急事態宣言発令。状況に配慮し自主的に営業時間を短縮していたことが裏目に出て、協力金は給付対象外に。「自粛」のもと客足は遠のいた。悩みに悩んだ末、たどりついたのがクラウドファンディングだった。

 経営者として正解かどうか答えも出せないまま、ひたすら店の魅力を書きつづった。「焼き菓子部門の拡大を!」と、設定した目標金額は80万円。リターンは焼き菓子のほか、「誕生石カラーのクリームソーダ」の提供が付いた「友の会」会員証など10種類以上を用意した。

 そして1月28日、クラウドファンディングサービス「キャンプファイヤー」でプロジェクトを公開した。果たして……。

初めてのクラウドファンディングに挑戦(写真提供:花と寅)
初めてのクラウドファンディングに挑戦(写真提供:花と寅)

 目標金額は達成された。しかもたったひと晩で! その後も支援は止まらず、2月10日時点で支援者294人、金額は約156万円に上っている。あまりの反響に「感謝しかない」と語る福山さん。だが、それ以上にありがたかったのは支援者からの声だった。

「いつか絶対に行きたいので、少額ですが支援させてください」
「一緒にコロナ禍を乗り切りましょう!」
「花寅さんがなくなるなんて耐えられまへん!」

 遠方から地元から……。来店経験のない人も多く、なかには、この1年どこへも遊びに行けていないという医療従事者からの励ましもあった。福山さんは「店存続への期待が体の奥まで染みた」と喜ぶとともに店主としての責任を再認識。客と直接つながる資金調達方法だからこその大きな収穫だった。

 今後は支援する側にも回って行きたいという福山さん。今回の経験を通して、同じように苦しむ個人経営者へ「クラウドファンディングを“経営者としての選択”に加えて良いのではないかと伝えたい」と思うように。自らの得た支援のバトンが、見知らぬ「同志」へとつながることを願っている。

「花と寅」のクラウドファンディングは、2月25日まで受け付け。店は改装のため2月20日まで休業。オンラインショップは営業中。詳しくは「花と寅」インスタグラムに掲載されている。


【クラウドファンディング「花と寅 お店の存続をかけて焼き菓子売り場を拡大したい!」】

「喫茶とお酒 花と寅」
【Twitter】
【Instagram】
※問い合わせはTwitter、InstagramのDMにて受付

LINEで送る

関連記事