神戸・南京町『春節祭』オンラインで疫病退散!「来年こそはリアル獅子舞、神戸の元気を発信」

LINEで送る

この記事の写真を見る(10枚)

 神戸の中華街・南京町(神戸市中央区)の最大イベント『南京町春節祭』が、1987年のスタート以来、初のオンライン開催で2月14日までイベントなどの様子が無料配信されている。

『南京町春節祭』35年の歴史で初のオンライン配信に

『南京町春節祭』は中国の旧正月を祝う年中行事「春節」がモチーフとなり今年で33回目。新型コロナウイルス感染拡大防止のため集客イベントは見送られたが、観光客が激減している今こそ「祭りの歴史を止められない」と、オンライン配信で開催されることに。

動画配信5分前 スタッフの入念なチェックに緊張感が
動画配信5分前 スタッフの入念なチェックに緊張感が
中国寺院さながらの祭壇 鶏、豚をお供えに

 コロナの影響で2020年1月以降、次第に客足が遠のき、4月に緊急事態宣言が発令されてからは南京町の約200店舗のうち9割近くが休業。営業を再開した店舗は、比較的「小さな波」だった2020年夏の休日でも半数程度にとどまり、商店街全体としての完全再開には至っていない。

「特別な春節祭」派手さはなくとも…

■「来年こそは“リアル”春節祭を皆さんに、神戸の元気を発信!」

「来年こそは“リアル春節祭”で 神戸の心意気を発信したい」曹英生さん

 南京町商店街振興組合理事長・曹英生さんはラジオ関西の取材に対し「年明けまでは通常通りの春節祭を予定していました。コロナの影響でもう1年以上、私たちの商売が苦しい中、春節祭で明るい年明けを、と期待していたんです。そこにきて再度の緊急事態宣言発令、本当にショックでした」と話す。

「本来は春節祭で景気づけ、でも新たな発信方法を見いだせた」と曹さん

しかし、コロナ禍で新たな発見もあった。「私たちは去年(2020年)の中秋祭でも、密を防ぐために獅子舞や太極拳などのステージイベントは開催せず、オンライン配信に取り組んだノウハウがありましたから。今回の春節祭のオンライン配信はより本格的にプログラムを組みました。さらにコロナ禍で、南京町で商売をする私たちの仲間がSNSを使い積極的に情報発信するようになったのもあり、今後はこうしたライブ中継も織り交ぜながらイベントを開催します。コロナによって悲しい話題ばかりでしたが、これを機会に私たちの心意気、神戸の元気をどんどん発信していきます。願わくは来年は”リアルに、華やかに”楽しんでいただけるような春節祭にしたいですね」と話した。

疫病退散法要も生中継
恒例、爆竹と銅鑼で景気づけ

 オンライン配信では11日、南京町商店街振興組合のメンバーが座談会形式で、春節祭の誕生秘話を語った。春節となる12日、午前11時からコロナ収束と1年間の無事を願う法要をライブ中継。13日は阪神・淡路大震災直後からの炊き出しを経て、翌年に再開するまでを振り返り、最終日の14日には春節祭名物を100倍楽しむ中国獅子舞、龍舞の解説がある。神戸・南京町の公式YouTubeチャンネルで順次配信、南京町商店街振興組合のホームページで視聴できる。

「春節祭誕生物語」草創期のメンバーが語る〈※画像提供 南京町商店街振興組合〉
如意吉祥、福寿康寧…あやかりたい中国の古語

【南京町商店街振興組合 ホームページ】
【神戸・南京町 公式YouTubeチャンネル】

関連記事