「耳で聞く本」がもたらす視覚障がい者の社会参加 現状と課題は? “盲目の漫談家”濱田祐太郎と考える

濱田祐太郎さん(右)とラジオ関西の林真一郎アナウンサー(左)
(写真2枚)

2018年『R-1ぐらんぷり』(現『R-1グランプリ』)王者で、「ひょうごユニバーサル大使」を務める“盲目の漫談家”濱田祐太郎さんが、「ユニバーサル社会」の重要性について発信しているラジオプログラム『濱田祐太郎のひょうごユニバーサル通信』。11回目の放送となった2月15日、テーマとなったのは「視覚障がい者の情報取得」。濱田さんの体験談を交えながら、点字図書館やオーディオブックなどの話を通じて、現状や今後の課題についてトークが進められた。

関連記事