「この震災を語るなかで譲れないこだわりがあった」東北地方・太平洋沖地震から10年 フリーアナウンサー・大和田新さん

大和田新さん
(写真3枚)

ラジオ福島の元アナウンサー、大和田新さん(現、フリーアナウンサー)。2011年3月11日に起きた「東北地方・太平洋沖地震」について、当時、様々な情報を発信する役割を担っていた貴重な伝え手の1人に、お話をうかがった。インタビュー前編では、震災を語るうえでのこだわり、そして、震災当日の記憶をたどる。

関連記事