【就活・先輩社会人に聞く】「あきらめない」と「基本を大切に」 思いと行動が進路につながる

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 社会人として活躍する先輩たちは、いったいどんな就職活動を経験し、今日に至るのか。先輩社会人ロールモデルが、ラジオ番組でのその実体験を語った。

 ラジオ関西『就活応援番組ネイビーズアフロのレディGO! HYOGO』4月16日の放送では、「就活レディGO!」のコーナーに、冠婚葬祭業大手「117グループ」の根本亮さんと赤江智宏さんが登場。番組パーソナリティーのネイビーズアフロ(みながわ、はじり)と津田明日香アナウンサー(ラジオ関西)を交えて、就活トークを展開した。

 姫路市に本社を置く117グループは、「冠婚葬祭・介護で人をつなぐ」をスローガンに、結婚式や葬儀、介護事業を展開する企業。播磨地域を中心に、結婚式場7か所・葬儀会館51か所・介護事業所32か所、正社員約700人(スタッフ含め約2,000人)で事業展開している。

 そのなかで、根本さんは営業部に所属し、冠婚葬祭互助会という会員制度の拡充を主な業務としている。また、赤江さんは人事部門を担当している。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

――仕事のやりがいや社内の雰囲気を教えてください。

【根本さん】冠婚葬祭という仕事は、人生の節目のセレモニーをサポートする仕事でとてもやりがいがあります。一つの式をみんなで連係して成し遂げていく仕事なので、社内の横のつながりが強く、雰囲気がいい、働きやすい環境の会社です。

――117グループとの出会いは?

【根本さん】高校時代、地元を離れ広島県で寮生活をしながらサッカーに打ち込み、神戸の大学に進学しました。地元を離れたことで、地元や実家の良さを改めて実感しました。就職するなら地元の企業に勤めたいと考えていたところ、117グループに出会ったのがきっかけです。


【『ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO』番組公式Twitter】
【「ひょうごで働こう!マッチングサイト」】


『ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO』2021年04月16日放送回(「就活レディGO!」音声)

 

 

LINEで送る

よしもと☆のびしろアワー「ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO」 | ラジオ関西 | 2021/04/16/金 22:00-23:55

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事