ヴィッセル神戸と新たに2年契約、イニエスタがサムアップ!「このクラブと関わり続けたい」

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 サッカー・J1のヴィッセル神戸は、11日、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(37)と新たに2年契約を結んだことを発表した。楽天グループ株式会社代表取締役会長兼社長で、ヴィッセルを運営する楽天ヴィッセル神戸株式会社代表取締役会長の三木谷浩史氏とともに、東京都内で行われた記者会見に出席した、イニエスタ選手。「このチームをさらに高みにつれていく貢献をできる限りしたい」と決意を述べた。

サムアップするイニエスタ選手(©VISSEL KOBE)

 ヴィッセルと電撃契約をかわした3年前と同じ地、首都・東京での記者会見。黒いジャケット、白のシャツに、ジーンズという姿のイニエスタ選手は、「#8HereToStay」と書かれたバックボードを背に、会見場に登壇。三木谷会長からの契約延長の発表のあと、「コンニチハ、ミナサン」と日本語で言葉を発したレジェンドは、「今日は私にとって本当に特別な日で、この(ヴィッセルでの)プロジェクトにこれから引き続き関わっていけるということに、本当に大きなモチベーションを感じている」と前を向いた。

会見場に登壇するイニエスタ選手(©VISSEL KOBE)
イニエスタ選手(©VISSEL KOBE)

「自分にとって周りから信頼を感じられている、大切にしてもらっていると感じることが、何よりも大事なこと」と契約延長に応じた一番の理由を語ると、「自分が3年前、ここに来たときに感じた熱い思いと同じ思いで、新たな挑戦に挑み続けたい。これからまだ2年間このプロジェクトに関わり続けられることに、わくわくしている」と、意気込みを示した。

 さらに、「私と私の家族を代表して、神戸、そして、日本のみなさんにも感謝申し上げたい」というイニエスタ選手は、「皆さんが愛情とリスペクトをもって、おもてなしをしてくださったことで、この場所が自分たちにとっては第2の故郷になった」と、神戸の街や、日本への愛着をコメント。「いま、大変な時期をみんなが過ごしていると思うが、これまでも皆さんが出してきた同じエネルギーをもって、この困難をトモニ乗り越えていければ」とメッセージを送り、「アリガトウゴザイマス!」と日本語で締めくくった。

三木谷浩史会長(左)とイニエスタ選手(©VISSEL KOBE)

 会見での質疑応答では、「今後、ファンやメディアの皆さんに語り継いでもらえるようなものを、自分が全力で、ピッチの上で残していきたい」「大きな目標を勝ち取りたい性格なので、そのために、このチームをさらに高みにつれていく貢献をできる限りしたい」「ヴィッセル神戸のファンのみなさん、日本のサッカーファンのみなさん、自分を歓迎してくださって本当に感謝していますし、みなさんが示してくれた応援や気持ちにこたえていかなければならないとひしひし感じている」と次々と熱い思いを語った、イニエスタ選手。

 最後に、神戸で現役選手としての集大成を迎えるのかという質問には、「自分のサッカー選手としてのキャリアをここで最後まで続けていきたい。ただ、サッカー選手としてだけでなく、このクラブとは今後もいろいろな形で常に関わり続けたい。それが私の希望」と、ヴィッセル愛を示していた。

 会見後には、同日、37歳の誕生日を迎えたイニエスタ選手に、バースデーケーキのプレゼントも。お茶目に「8」のろうそくの火を吹き消したスーパースターは、三木谷会長と笑顔で写真におさまっていた。

LINEで送る

関連記事