宝塚歌劇団花組の聖乃あすか、無観客ライブ配信での千秋楽は「拍手が聞こえるような気がした」

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

この記事の動画を見る

 宝塚歌劇団花組の聖乃あすか、5月17日に放送されたラジオ番組『ビバ!タカラジェンヌ』(ラジオ関西)で、5月10日千秋楽を迎えた宝塚大劇場公演『アウグストゥス-尊厳ある者-』『Cool Beast!!』について、役作りの苦労や千秋楽で感じた思いなどを語った。

 無観客でのライブ配信となった千秋楽について聖乃は「ご挨拶で柚香(光)さんが言っていたように、拍手が聞こえるような気がした。公演後も知り合いや同期生が連絡をくれて、皆さんが本当に応援してくれているのがうれしかった」とコメント。

 本公演で退団する先輩、瀬戸かずやの「以前の『はいからさんが通る』の公演では、お客様がいない状態で何度も舞台稽古をして悔しかったけど、あの経験が無駄ではなかった。今回はたくさんのお客様が見てくださっているのを感じられた」との言葉に胸が熱くなったと明かし、「なかなかできない経験。お客様やスタッフさんのありたがみを改めて感じた」と感謝の気持ちを表した。

 お芝居で聖乃が演じたのは、柚香が演じる主役オクタヴィウスの補佐、マエケナス役。演出家から「人と違う目線で物事を見れるところを出してほしい」と言われ、試行錯誤しながら役と向き合ってきたと話した。

 また、ショーでは良いパフォーマンスをするため、公演前に腿あげとジャンプをし、一度踊ってから舞台に立っているというストイックなエピソードも披露した。

 なお、花組東京宝塚劇場公演は5月28日に開幕予定。

ビバタカ

ラジオ関西『ビバ!タカラジェンヌ』
【番組ブログ】
【ラジトピ アーカイブ記事】

LINEで送る

ビバ!タカラジェンヌ | ラジオ関西 | 2021/05/17/月 20:00-20:30

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事