姫路・交際女性殺害の男 「真摯な反省見受けられず」求刑上回る懲役22年判決 神戸地裁姫路支部

裁判長は「被告人質問からは真摯な反省態度が見受けられない」と指摘<※代表撮影 2021年5月27日>
(写真2枚)

兵庫県姫路市で2020年7月、交際していた女性(当時・24)を包丁で刺すなどして殺害したとして殺人罪に問われた住所不定、無職の男(37)の裁判員裁判で、神戸地裁姫路支部は27日、求刑を上回る懲役22年(求刑・懲役20年)を言い渡した。

関連記事