「ワンちゃんのウエアはいつ買えばいい?」ペットグッズ専門店に聞く 「飼ってすぐは注意!」

LINEで送る

この記事の写真を見る(7枚)

 コロナ禍で癒やしを求めてペットを飼う人も増えている。リードやペットウエア、おやつなどペットグッズは幅広くあるが、どのようなものを買うべきか悩む人も多い。豊富なペットグッズが揃う「マスト」(神戸・六甲アイランド)のマネージャー、門屋孝子さんに話を聞く。

写真提供:マスト

「新しくワンちゃんを飼うときに気を付けてほしい点があります。飼い始めてすぐにワンちゃんのウエアを買おうとする方がいるのですが、ワンちゃんは6か月を超えるとグッと大きくなるので、ウエアはそれまで待った方がいいです。また、これからの季節はだんだんと気温が上がってきますが、ワンちゃんも熱中症に注意をしないといけません。もともと人よりも体温が高いうえに、地面との距離が人より近いので、地面からの熱を受けやすいんです。対策としてクールダウンできるウエアがありますし、UV加工、虫よけ、抗菌・消臭加工がついていたりするので、活用いただくといいと思います」(門屋さん)

「マスト」で販売されているウェア

 お店を始めたきっかけについて聞いた。

「当時、大型犬のコリーを飼っていて、その子用のレインウエアが欲しかったのですが、全然売っていませんでした。そうした大型犬の商品も海外には豊富にあり、アメリカのメーカーには超小型犬から大型犬まで25サイズがありました。日本でも広げようということで夫が脱サラし、私も専業主婦だったのですが夫婦で2000年に店を始めました」

 店の経営は夫婦で営むが、忘れてはいけない存在がいる。それは、店長であるマオちゃんだ。シェットランド・シープドッグという犬種で、お店に来るお客さんを最初に迎えてくれる。マオちゃんが目当てで来店されるお客さんもいるという。店内はペットと一緒に入ることができ、クッションフロアはワンちゃんの足にやさしいものにしている。

店長のマオちゃん(写真提供:マスト)

 現在は新型コロナウイルスの関係で足を運べていないそうだが、旦那さんはドイツ、フランス、孝子さんはアメリカに出向いて商品を仕入れている。その甲斐あって幅広い商品が並んでいるうえに、同じ商品でもたくさんの種類が並ぶ。

「買いに来られた方が、自分が飼っているワンちゃんネコちゃんの種類のグッズがないとがっかりされるので、同じものを種類ごとに多く揃えています。おうちのペットに合わせて、手作りで作れるものも多数あります。例えば振り子掛け時計は、ペットの後ろ姿の写真を送ってもらえればその毛色を再現するので、ミックスのワンちゃんでも対応できますよ」

写真提供:マスト

 その他、人気の商品を聞いた。

「ドイツ製の本革でできているリードはとにかく丈夫で、開業以来ずっと扱っています。評判を聞いて遠方からはるばる来店された方もいるほどです。手作りの刺しゅうのパスケースはプレゼントに最適です。こちらもおうちのワンちゃんと同じものがあるようにと、同じ犬種でも数種類の毛色のものを取り扱っており、80種類ほどあります。他にはワンちゃんを車に乗せているとき、シートから落ちないようにするドライブベッドや、写真をもとに作成し、アメリカから取り寄せるウォールハング(棒付きタペストリー)もあります」

写真提供:マスト
写真提供:マスト

 他のペットショップでは見つからない商品と出会える、「マスト」。ペットを飼っている方はもちろん、飼っていない方も、ペットを愛する友人や先輩などへのプレゼントを探しに来店してみてはいかがだろうか。マオ店長が尻尾を振りながら笑顔で出迎えてくれるはずだ。

春名優輝アナウンサーと「マスト」マネージャー門屋孝子さんと店長のマオちゃん

【マスト】
オーナー自ら海外のペットショーなどに出向き、ペットに癒しや楽しさを提供できるアイテムを厳選して仕入れている。ウエアからリード、おやつといった必需品から、文房具、置物等のペットとの暮らしを楽しくするアイデア&デザイングッズまで豊富な商品が並ぶ。六甲ライナー「アイランドセンター前」駅直通。営業時間は午前10時~午後6時。水曜定休

※ラジオ関⻄『PUSH!』2021年6月7⽇放送回「マイホーム・マイライフ」より


【マスト HP】



LINEで送る

関連記事