アイスの旬が「夏」だけではない理由 高知発の素材を活かしたアイスキャンデー

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 6月を迎え、これから暑さが増していくなか、おやつや食後のデザートとしても活躍するアイス。昨今、様々なアイスキャンデー・アイスクリームが登場しているが、その中でも「素材のシンプルな味わい」をとことん追求しているアイスクリームメーカーがある。高知県南国市の「久保田食品」だ。

苺アイスキャンデー

 特に、久保田食品のつくる「フルーツアイスキャンデー」は、果実の味をそのまま楽しめ、飽きがこないと好評。そんな「フルーツアイスキャンデー」の魅力について、久保田食品の代表取締役を務める武市学さんに話を聞いた。

久保田食品の従業員の皆さん

 武市さんによると、フルーツアイスキャンデーには、主に3つのこだわりがあるという。

◆その1:高知県産の“旬”の果物を中心に使う
 高知県は、日照時間が長く、イチゴや柚子、すももなど様々な果物が収穫できる地域。久保田食品は工場を産地と近いところに構えているため、“旬”のフルーツを「新鮮な状態で仕入れできることが強み」だという。もちろん輸送コストも抑えられるため、消費者に対して手ごろな価格で商品を提供することにもつながっている。

◆その2:“フレッシュ”な“生”の果物を使う
 一般的に果物を使ったアイスキャンデーを作る場合、冷凍果実や加工用ジャムなどを使うことが多いが、久保田食品では「フレッシュな味わいや香りを生かすために、生のものを使っている」。イチゴの場合であれば、イチゴを洗う、へたを取るといった下処理も一つひとつ手作業で行っている。

イチゴのヘタ取りを行う様子

◆その3:着色料・香料・安定剤・乳化剤などの“食物添加物”を使わない
 一般的なアイスは、見た目や香りを良くする・加工しやすくすることを目的に、安定剤や乳化剤、着色料や香料といった食品添加物を使用しているものが多い。しかし、久保田食品では、「そういった食品添加物を一切使用していない」という。そのため、食べた後にのどが乾かず、さっぱりとした後味を楽しめるのも特徴のひとつ。

 この3つのこだわりは「大手メーカーとは違う、素材の味をストレートに感じることができるアイスを作りたい!」という創業者・久保田貢一さんの思いから始まり、今も受け継がれている。

 また、「実際に食べた人たちからの感想も大きな励みになっている」と、武市さん。『(久保田食品のアイスを)初めて食べて感動しました』『こんなアイス食べたことない』などの感想が毎月会社に届き、久保田食品のこだわりがしっかり消費者にも伝わっていることを実感している。「わざわざお手紙を綴って送ってくれた人もいるんですよ」とうれしそうに語った。

 久保田食品のフルーツキャンデーのこれからのオススメは、すもも。その後には、ブルーベリーや柚子がシーズンを迎える。またオーガニックバナナと北海道産ビートグラニュー糖を使ったバナナアイスキャンデーも人気商品の一つだという。

バナナアイスキャンデー

 武市さんは、「これからも、他のアイスメーカーでは作れない、素材の味が生きた“久保田らしいアイス作り”を続けていきます」と笑顔で語った。

 久保田食品のフルーツアイスキャンデーは、コープ自然派で購入が可能。


【生協の宅配 コープ自然派 HP】

LINEで送る

関連記事