【女子バレー】“ずばりライバルは?” ヴィクトリーナ姫路、3選手の答えが一致 「さすがアスリート!」

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 バレーボールの国内トップカテゴリーで活躍する現役選手のキャラクターとは……。Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路を応援するラジオ番組が、バレーボーラーの素顔にせまった。

© 2020 ヴィクトリーナ姫路
ヴィクトリーナ姫路

『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)では、「答えて!ヴィクトリーナ」のコーナーで選手やスタッフにアンケートを実施。6月14日の放送回では、3選手をピックアップした。

 パーソナリティーの菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)と佐藤りな(ヴィクトリーナ姫路スタジアムMC)がアンケートをもとにトークを展開した。

◆ラムネを食べて集中高める 元気印のセッター

 1人目は背番号7、セッターの堀込奈央選手。2020-21シーズンは公式戦26試合に出場。櫻井美樹選手とともに、コート内での舵取り役としてチームに貢献。守備面でも力を発揮した。

<一番思い出に残っている試合>には、櫻井選手らも選んでいた「順位決定のトヨタ車体戦」(Vファイナルステージのトヨタ車体クインシーズ戦。セットカウント3-2で勝利。2021年2月20日)を挙げた。理由は「フルセットでめちゃくちゃ緊張したから」。また<試合前に必ず行うこと>は「ラムネを食べる」こと。トップアスリートも、身近な食べ物で集中力を高めているようだ。

堀込奈央選手(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

<こう見えて私〇〇なんです>には「勝手几帳面」と記した堀込選手。<第一印象でよく〇〇と言われます>については「声が高そう、大人しそう」と回答するも「どっちも真逆ですね!」と菅原からツッコミを受ける。ただし、堀込選手自身も、<ここだけはチームでNo.1と思うところ>には「声の大きさ」を挙げ、<付き合うならこんな人がいい>には「よくしゃべってくれる、笑わせてくれる、一緒にふざけてくれる人」を選ぶなど、明るくて元気なキャラクターを認めていた。

 ちなみに、<試合、練習でやらかしたエピソード>では、「シューズが脱げた」という堀込選手。「試合続けられたのかな? 危ないもんね」と心配する佐藤に対し、「でも堀込選手ならプレーを続けているでしょうね、意地でも」と菅原はコメント。コート内では気迫を前面に押し出すムードメーカーの性格を見抜いていた。

◆こう見えて「下北沢成徳出身です」 その真意とは?

 2人目は、背番号9番、吉岡可奈選手。2020-21シーズンはレギュラーラウンドで8試合の出場にとどまり、出番が減少。持ち味発揮というところまではいかなかったかもしれないが、華のあるミドルブロッカーの新シーズンでの奮闘には期待せずにはいられない。

 その吉岡選手が<試合前に必ず行うこと>は「護身」。「以前、山崎綾香マネージャーが粗塩を持っていて、いざという時のためにって言っていたけど、同じような意味合いかな? 吉岡選手は何か見えるのかな?」と気になる様子の佐藤……。

吉岡可奈選手(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

 また、<一番思い出に残っている試合>は、初めてV1リーグに参戦した2019-20シーズン、自身もスターティングメンバーに名を連ねて「V1リーグで初めて勝った日立戦」(日立リヴァーレ戦、セットカウント3-0。2019年11月3日)をチョイス。<ずばりライバルは?>には「自分自身」と回答したが、これは堀込選手、清田萌選手も同じ回答だった。佐藤も「素晴らしい。みんな自分と戦っているんだな。さすがアスリートならでは」と感心していた。

<こう見えて私〇〇なんです>には「下北沢成徳(高校)出身です」と吉岡選手。「これはどういうこと?」と佐藤が聞くと、菅原が「成徳の選手は強くてがっしりした人が多い集団なのですが、全然悪い意味ではなく、吉岡選手は細いしスタイルいいしキレイだし、あんまり『成徳っぽくないよね』って言われる感じなんですよ。私も『春高』で戦っているのですが(※2013年の「第65回全日本バレーボール高等学校選手権大会~ジャパネット杯春の高校バレー~」決勝で対戦)、初めて聞いた時に『え?』ってなっちゃいました」と説明。これには佐藤も納得し、「そういうことなんだね、なるほどね。アスリートでしっかり筋肉もついているんだけど、すごくきゃしゃっていう表現がいいのかな?」とコメント。菅原も「そうですね、周りに比べたらすごくスタイル良く見えますよね」と賛同した。

 そんな吉岡選手は<ここだけはチームでNo.1と思うところ>でも「手足の長さ」を挙げた。スタイルの良さは自他ともに認めるチームNo.1だ。そのほか、<試合、練習でやらかしたエピソード>では「11時からのウエイト(トレーニング)に寝坊したこと」とうっかりな一面も見せた。

◆こだわりは「左から」 笑顔似合うルーキーは堅実派?

 最後は、<試合前に必ず行うこと>として「サポーターやシューズを左から履きます」というこだわりを持つ、背番号17、セッターの清田萌選手。高卒ルーキーとして臨んだ2020-21シーズンでは、リーグ戦の出場がなく、カップ戦2試合のプレーにとどまった。ただし、これから伸びしろのある期待のセッターは、新シーズン、櫻井選手や堀込選手の牙城を崩せるか、さらなる飛躍へ期待が高まる。

 そんな清田選手は、<宝くじ100万円当たったらどう使いますか?>というアンケートには、「50万円以内で、服、コスメ、家具、家電などの良いものを買って、残りの50万円は貯金しておく」と堅実な考えを見せた。

清田萌選手(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

<こう見えて私〇〇なんです>では「ゲラだねとよく言われます」という清田選手。「確かにすごい笑顔のイメージ強いかな」と佐藤も納得。また、<ここだけはチームでNo.1と思うところ>に「牛乳愛」と述べた19歳の、<付き合うならこんな人がいい>、いわゆる“理想のタイプ”は、「すっごくやさしい人」だという。

<仲の良い選手は?>という質問に対し、清田選手は吉岡選手を選んだ。「吉岡選手が『愛情表現』と言いながらいじってきます」と回答し、また吉岡選手も<仲の良い選手は?>に「いじられて喜んでいる清田選手」と清田選手を選んでいた。「二人良い関係なんだね」(佐藤)「可愛いですね」(菅原)と、パーソナリティー陣も二人の仲の良さに納得していた。

 番組では今後も選手、スタッフのアンケートを紹介していくという。


【ヴィクトリーナ姫路 公式HP】
【ヴィクトリーナ姫路ファンクラブ「VICTORINA FAMILY」】

ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』では選手に向けた応援メッセージを大募集! 皆さんからの熱いメッセージを『ヴィックエール』と名付け、番組内で紹介している。ヴィクトリーナ姫路を一緒に盛り上げるため、はがき、または、メールで番組までぜひ送ってほしい。

【はがき】〒650-8580 ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』係
【メール】117vic@jocr.jp
【Twitter】『#ヴィックエール』(ハッシュタグ ヴィックエール)をつけて投稿

菅原未来と佐藤りな
『いいな117ヴィクトリーナ』パーソナリティーの菅原未来と佐藤りな(写真:ラジオ関西)

LINEで送る

いいな117ヴィクトリーナ | ラジオ関西 | 2021/06/14/月 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事