バッター「体感140~150キロに感じました」 野球の塁間を3メートル短くして試合したら楽しすぎた件

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

「野球の塁間は、アウトかセーフか、ゲームがスリリングに面白くなるように絶妙な距離に設定されていると言われていますが、その距離が変わったらどうなるのか、検証してください」と、あるリスナーさんからメッセージをいただきました。

 前回、その距離を、3メートル長くしてみたらどうなるのかを試したのですが、今回は、その距離を、3メートル短くしたらどうなるかにトライ! ラジオ番組『バズろぅ!』(ラジオ関西)“ラジオパーソライター”(ラジオパーソナリティー+ライター)の私、わきたかしが検証してみました! 某日、兵庫県加古川市の日岡山公園野球場に、東播磨の野球好きや本格的な野球経験者に集まっていただき、試合形式にして、軟式野球を行いました。

 おさらいですが、一般(プロ野球・高校野球・中学野球)の野球のルールでは、塁間は27.431メートル、マウンドからホームベースまでの距離は18.44メートル、ホームベースから二塁までの距離は38.795メートルと規定されています。それらを、全て3メートル短くして、検証試合をプレイボール!

 まず、ピッチャーは普段のマウンドの3メートル前から投げるわけですから、ボールの感じ方が速い速い! キャッチャーが受ける音もバシーンと強烈な音が響きます。もう、オオタニサン!と言いたくなるぐらい、強烈な速い球がミットにおさまる感じです。

 ピッチャーに聞くと「むちゃくちゃ調子にのれますね。自分のピッチングに惚れ惚れします」とのこと。ただし「距離が短い分、変化球のかかり方が微妙で、曲がる前にキャッチャーミットですわ……」と、変化球は投げにくそう。「ですから、ストレートの速球でバンバンおしていきます」と、速球主体の組み立てになるようです。

 それに対して、バッターですが、「いやぁ、速いですね! ピッチャーからの距離が3メートル短いでしょ。目測で140~150kmぐらいに感じます」と距離の近さを実感。「でも、このスピードに慣れれば、何とかなりそうですけど……」と、打開できる手応えもあるようでした。

 実際に、最初はバッターが速球に押されていましたが、徐々に目が慣れてきたのか、そのスピードに合わせて打ってきます。

 打った打球も、速い速い! 守るのも大変です。3メートルほど短く守っていますと、ライナー性の強烈な打球は内野の間を抜けるのも速いので、その守備位置ではすぐにヒットに。その状況をみて、試合が進むにつれ、従来の守備位置近くに戻して守っていましたね。

 3メートル短いからピッチャーが有利かと思いきや、検証試合ではバッターも打つ打つ! スピードボールは目が慣れたら打ちやすいみたいで、ヒットを量産。しかも、そのヒットは、塁間が狭いから、走者が走る走る! 本来のヒットが二塁打になったり、三塁打コースがランニングホームランになったりと、ゲームがやたらと動きます。打ち合い、打ち合いの展開で、点数がドンドン入り、終わってみれば、圧倒的に打者有利でゲームセットに。

 試合後、選手に話を聞きました。「3メートル短い野球は、やっていておもしろいですね。打って、走って、点数が入る。守備では速い打球を飛びついて取りに行くなど、スリリングで大胆に、野球をやっている感じがしました」。

 一方のピッチャーも決して悲観はしていません。「バンバン、ストレートの速球で力勝負するのがピッチングの醍醐味と感じました。フォアボールでの自滅って、一番面白くないですからね。そんなんで負けるより、力勝負で撃たれて負ける方が、あきらめもつきますよ」。

 今回、検証試合に出場した選手、ほぼ全員に聞きましたが、3メートル短い野球はやっていて楽しかったとの回答が返ってきました。

 今や、いろいろなスポーツのルールも変わってきたり、なかにはフィールドの大きさや人数も変えることで、新たなスポーツも生まれてきています。そのなかで、今回の検証では、サッカーのフットサルやバスケットの3x3のように、野球も新たな競技スタイルが生まれるかもしれないと感じました。

(『バズろぅ!』ラジオパーソライター・わきたかし)

LINEで送る

バズろぅ! | ラジオ関西 | 2021/07/28/水 17:55-18:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事